【家庭用脱毛器の効果はいつから?】効果が実感できる脱毛器はどれ?

脱毛

自宅で脱毛できる家庭用脱毛器は便利だけど効果を実感できるのはいつから?効果が実感しやすい脱毛器を調査しベスト5を紹介します。機種ごとに機能が違って、ボタンに手が届きやすいとかセンサーの有無など使いやすさが違うから、あなたに合った脱毛器を見つけるのがおすすめです。

家庭用脱毛器で得られる効果は?

家庭用脱毛器では永久脱毛はできない

家庭用脱毛器のケノンは、信頼できる日本製の光脱毛機器です。優れた抑毛、減毛効果がありますが、永久脱毛は出来ないので注意が必要です。医療レーザー脱毛、ニードル脱毛は、むだ毛が生えてくる原因の毛母細胞、毛包などを破壊することができるので、通院を重ねることで永久的な効果が期待できます。家庭用脱毛器のケノンは、永久脱毛は出来ませんが、メラニンの黒い部分に光を照射することで、毛根からきれいにむだ毛を処理できます。10段階に出力を調整することができるので、毛が太くて密集している脇やデリケートゾーンでも、毛根からきれいに処理できる商品です。

永久脱毛の定義とは?

永久脱毛の定義とは、どういう意味なのか理解しておくことが大事です。脱毛後1か月を経過して、毛の再生率が20パーセント以下の状態のことです。永久脱毛というと毛が生えてこなくなるという意味ではありません。人間の体のむだ毛は、完全に無毛にするのは難しいと言われています。永久脱毛とは毛が生えてこなくなるという意味ではないので、きちんと理解しておくことが大事です。医療機関のニードル脱毛は、毛根に針を入れて電流を流すことで毛を生えてこなくする脱毛方法です。ニードル脱毛は優れた効果がありますが、痛みが強いので現在は医療レーザー脱毛のほうが主流になっています。

永久脱毛が可能なのは「医療脱毛」「ニードル脱毛」だけ

永久脱毛は毛が生えてこなくなるという意味ではなく、むだ毛の再生率が20パーセント以下になる状態です。家庭用脱毛器のケノンは、信頼できる日本製の光脱毛機器なので、口コミやレビューでも評価が高いので幅広い年代が使用しています。永久脱毛ができるのは、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛のみになっています。ニードル脱毛は、やや痛みが強いですが、毛母細胞、毛包を破壊することができるので、むだ毛の再生率を下げることができます。医療レーザー脱毛は、数種類の脱毛機器を導入しているので、一人一人の毛質や毛量、肌質に応じた商品を選ぶことができます。

家庭用脱毛器は継続使用で抑毛・減毛効果が得られる

家庭用脱毛器のケノンは、毛周期のサイクルに合わせて使用する光脱毛機器なので、2週間に1回ぐらい使用するのがお勧めです。定期的に使用することで優れた減毛、抑毛効果が期待できるので、剛毛で悩んでいる人でも、使用後4か月から5か月ぐらいを過ぎると脱毛効果を実感しやすいです。比較的毛量の少ない人の場合は、使用後2か月から3か月ぐらいを過ぎると、毛が細く短くなり、自己処理がとても楽になります。家庭用脱毛器のケノンは、永久脱毛はできませんが、定期的に使用することで毛が生えてくるスピードが遅くなります。肌トラブルを避けるために間隔を空けるのがポイントです。

家庭用脱毛器の効果がいつから効果が実感できる?効果的な使い方は?

家庭用脱毛器の効果がいつから効果が実感できる

家庭用脱毛器の使用頻度は1~2週間に1回

家庭用脱毛器は数多くの商品が販売されていますが、基本的には毛周期のサイクルに合わせて使用します。毛周期のサイクルは2週間から4週間ぐらいなので、1週間から2週間に1回使用することで、皮膚の表面に出ている成長期のむだ毛を処理することができます。休止期のむだ毛は表面に出ていませんが、2週間ぐらい経過すると生えてきます。家庭用脱毛器のケノンは、2週間に1回程度使用するのがお勧めです。皮膚に光を照射すると皮膚が敏感になり、肌荒れをしやすくなります。2週間ぐらいは間隔を空けることで、肌トラブルを防いで効果的な脱毛ができます。

家庭用脱毛器で効果を実感できる期間は2~3カ月

家庭用脱毛器のケノンは、皮膚の表面に出ている成長期のむだ毛を処理できる商品です。成長期のむだ毛は太くて長いのが特徴です。家庭用脱毛器は2、3回の使用だけでは十分な効果を得るのは難しいです。光を照射することで数日を経過すると毛根から毛が抜け落ちてきます。むだ毛には毛周期のサイクルがあるので、休止期のむだ毛が表面に出てきます。むだ毛の量や毛質によっても、多少は違いますが、家庭用脱毛器は使用後2、3か月ぐらいから効果を実感しやすいです。使用前に比べると毛が細くなって、抜けやすくなります。定期的に使用することでお手入れが楽になります。

脇、VIOなど毛が濃く太いパーツは効果の実感に時間がかかる

脇、VIOなど毛が濃く太いパーツは、他の体の部位に比べると脱毛効果を実感しにくいです。家庭用脱毛器のケノンは、脇やVIO脱毛に対応をしている商品なので、皮膚が薄くて弱い部位でも、痛みが少なく、皮膚への負担が少ないのが特徴です。脇やVIOは毛が密集しており、太くて長い毛が生えているので、3か月以上経過しないと十分な脱毛効果を得にくい傾向があります。脇やVIOなどの部位を処理する時は、事前に電気シェーバーを使って短くしておくことで、脱毛効果を高めることができます。痛みを感じやすいので、保冷剤や冷やしたタオルなどで皮膚が冷たくなるまで、冷やしておくのがポイントです。

腕、脚などは効果の実感までが早い

脚や腕などは、デリケートゾーン、脇などに比べると毛量が少なく、毛が細くて短い傾向があります。エステサロンや美容皮膚科に通院をする時間が取れない場合は、家庭用脱毛器を使用することで、空いた時間を利用してお手入れができます。家庭用脱毛器のケノンは、痛みが少なく、一度に広範囲に光を照射することができるので、脚や腕などの部位は脱毛効果を実感しやすいです。比較的毛量が少ない場合は、使用後2か月から3か月を過ぎると、むだ毛が減ってきたと感じることが多いです。男性並みの剛毛でも、5か月から6か月ぐらい使用することでむだ毛が目立たなくなります。

家庭用脱毛器の種類や機能について

家庭用フラッシュ(光)脱毛器の特徴

家庭用フラッシュ脱毛器の特徴は、皮膚のメラニンの黒い部分に特殊な光を照射することで、毛根にダメージを与えることができます。医療レーザー脱毛、ニードル脱毛のような永久脱毛はできないので注意が必要です。家庭用光脱毛機器は、仕事や家事、育児などの合間を利用して、短時間でスピーディーにむだ毛の処理が出来るのが魅力です。医療レーザー脱毛、ニードル脱毛に比べると痛みが少ないので、痛みに弱い人、皮膚が敏感な人でも使用が可能です。家庭用脱毛器の中でも、ケノンは口コミやレビューでも評価が高く、10万円以下で販売されています。

家庭用レーザー脱毛器の特徴

家庭用レーザー脱毛機器は、毛の黒い部分にダイオードレーザーを照射することで、毛根にダメージを与えてむだ毛を処理できる商品です。家庭用光脱毛機器に比べると、出力が強いので脱毛効果が高いのが特徴です。医療機関のレーザー脱毛機器は、業務用の優れた商品なので、家庭用に比べるとハイパワーで一度に広範囲に照射が出来るのが特徴です。家庭用レーザー脱毛機器は、医療機関で使用しているレーザー脱毛機器に比べると機能面はやや劣ります。医療機関に比べると出力が弱いですが、普通の量よりもむだ毛が多い人、男性並みの剛毛で悩んでいる人に向いています。

カートリッジ交換式と本体交換式の特徴について

カートリッジ交換式と本体交換式の特徴を知っておくことで、自分の毛量や毛質、肌質、脱毛したい部位に応じた商品を購入することができます。カートリッジ交換式の家庭用脱毛機器は、カートリッジの照射回数が完了したら、新しいカートリッジに交換をすることで、長く使用できるのが特徴です。本体交換式は、回数を重ねると照射レベルが落ちてくるので、本体ごと買い替える必要があります。家庭用脱毛器のケノンは、カートリッジ交換式になっており、専用カートリッジの寿命が長いのが特徴です。本体が壊れていない場合は、カートリッジを交換して使用できます。

冷却クーリング機能について

家庭用脱毛器を購入する時は、冷却クーリング機能を搭載している商品がお勧めです。冷却クーリング機能は、皮膚を冷やすためと、家庭用脱毛器は使用後は熱を持っているので、本体を冷やす役割をしています。冷却クーリング機能を搭載している商品は、脱毛前に保冷剤、冷やしたタオルなどを準備しておく必要がないので時間や手間を減らすことができます。家庭用脱毛器のケノンには、冷却装置は搭載していないので注意が必要です。数多くの商品が販売されているので、機能性、実用性、価格、本体の寿命などをじっくりと、比較してから購入すると失敗が少なくなります。

タッチセンサー機能について

家庭用脱毛器にはタッチセンサー機能を搭載しているので、ボタンを指で触れるだけで作動するため、毛が密集している部位でも、光を照射しやすいのが特徴です。数多くの商品が販売されていますが、優れたタッチセンサー機能を搭載している商品を選ぶと、ボタンひとつで作動をしたり、停止をすることができるので便利です。手に持ちやすい形状になっており、人間の皮膚に光を照射することで、センサーが感知します。機能性、実用性に優れた家庭用脱毛器が揃っているので、用途に応じた商品を選ぶと良いでしょう。顔やVIO脱毛が出来る商品が人気です。

照射レベル調整機能について

家庭用脱毛器には、照射レベル調整機能を搭載しているので、脱毛したい部位に応じて照射レベルを調整することができます。家庭用脱毛器のケノンは、照射レベル調節機能が優れており、1から10段階まで細かく調節ができるのが特徴です。3段階、5段階しか照射レベルを調節できない商品に比べると、痛みが少なく、スピーディーな脱毛ができるのが特徴です。皮膚が薄くて弱い部位は、最小出力から始めることで、皮膚への負担を減らすことができます。デリケートゾーンや脇などは、少しずつ照射レベルを上げていくことで、黒ずみや埋没毛などを防いで美肌効果を高めます。

家庭用脱毛器で脱毛効果が得られる仕組み

家庭用脱毛器で脱毛効果が得られる仕組み

家庭用脱毛器の仕組みとは?

家庭用脱毛器はエステサロン、美容皮膚科の業務用脱毛器に比べると、出力が弱いですが、定期的に使用することで優れた減毛、抑毛効果が期待できます。家庭用脱毛器のケノンは、脱毛器本体、専用カートリッジを購入する必要があるので、ある程度の初期費用は掛かります。初期費用は掛かりますが、通院をする時間や手間を減らせるので、忙しい人でも自宅でむだ毛の処理ができます。家庭用脱毛器のケノンは、安全性の高い光脱毛機器なので、照射レベルを細かく調整できるため、脱毛効果が高いのが特徴です。家庭用レーザー脱毛機器に比べると痛みが少ないのが魅力です。

脱毛器の光は成長期の毛にしか反応しない

家庭用脱毛器のケノンは、基本的には皮膚の表面に出ている成長期のむだ毛だけ脱毛できます。休止期のむだ毛は、まだ表面に出ていないので、脱毛をすることは出来ません。家庭用脱毛器のケノンは、特殊は光をメラニンの黒い部分に照射をすることで、太い毛はもちろん、細い毛、産毛もきれいに処理ができます。むだ毛のサイクルは3週間から4週間ぐらいなので、2週間を経過するとまたむだ毛が生えてきます。2週間に1回程度使用することで、むだ毛が細く、短くなってきます。永久脱毛はできませんが、優れた抑毛、減毛効果があるので自己処理が楽になり、肌を露出したファッションを楽しめるようになります。

毛周期について

むだ毛には成長期、退行期、休止期などの毛周期サイクルがあります。多少の個人差がありますが、10代20代の若い人は、高齢者に比べると毛周期のサイクルが早いのが特徴です。3週間から4週間ぐらいで、抜けたり、生えたりを繰り返しています。家庭用脱毛器でむだ毛の処理ができますが、体毛を完全に無くすのは難しいです。成長期のむだ毛は、皮膚の表面に出ており、太くて長いのが特徴です。家庭用脱毛器のケノンは、成長期のむだ毛の処理ができます。退行期はむだ毛の成長が弱くなり、抜けやすくなっている状態です。休止期のむだ毛は成長すると、皮膚の表面に出てくるので、定期的に使用することで優れた抑毛、減毛効果が期待できます。

成長期とは?

むだ毛の成長期とは、毛母細胞が活性化しており、皮膚の表面に毛が生えてくる時期のことです。成長期のむだ毛は、皮膚の表面に出ており、太くて長いのが特徴です。家庭用脱毛器を効果的に使用するためには、毛周期のサイクルに合わせて使用する必要があります。成長期に家庭用脱毛器のケノンを使用することで、皮膚の表面に出ているむだ毛を処理して、目立たなくする効果があります。基本的には、成長期のむだ毛しか処理はできないので、数回の使用では十分な脱毛効果を得るのは難しいです。2週間に1回程度根気よくお手入れをすることで美肌効果の高い脱毛ができます。

退行期とは?

毛周期の退行期とは、むだ毛が細く短くなっており、むだ毛が抜ける前の状態です。成長期のむだ毛に比べると、細くて短いので抜けやすくなっています。退行期に入ると毛母細胞の働きが低下している状態なので、成長期のむだ毛に比べると細くて弱いのが特徴です。むだ毛は頭髪と同様に、毛周期のサイクルがあるので抜けたり、生えたりを繰り返しています。家庭用脱毛器を2週間に1回使用することで、優れた減毛、抑毛効果が期待できます。剛毛で悩んでいる人、毛周期のサイクルが早い人でも4か月以上を経過すると、むだ毛の量が減ってきてお手入れが楽になります。

休止期とは?

毛周期の休止期とは、退行期を過ぎて毛が抜け落ちている状態です。皮膚の表面に毛は出ていませんが、新しい毛を作る準備をしており、少しずつ毛母細胞が活性化してきます。家庭用脱毛器のケノンは、成長期のむだ毛を処理することができます。脱毛後は2週間を過ぎると、新しい毛が表面に出てくるので、数回の使用だけでは十分な脱毛効果を得るのは難しいです。家庭用脱毛器は休止期のむだ毛は、皮膚の表面に出てから処理をすることができます。家庭用脱毛器のケノンは、永久脱毛は出来ませんが、毛周期のサイクルに合わせて使用することでむだ毛が目立たなくなります。

脱毛効果が実感しにくいケース・濃く太い毛

家庭用脱毛器のケノンは、口コミやレビューでも評価の高い商品なので、実用性、機能性に優れており、一度に広範囲に光を照射することができます。優れた脱毛効果が期待できますが、太くて固い毛は、光の照射レベルを上げないと脱毛効果を得るのが難しいです。脇やデリケートゾーンは、最初は低出力で照射をしますが、脱毛効果が得にくい場合は、少しずつ出力を上げていくことが大事です。家庭用脱毛器は、頻繁に使用すると肌荒れや火傷などの原因になってしまいます。家庭用脱毛器のケノンは、2週間に1回の頻度で使用することで太くて固いむだ毛も、4か月から5か月ぐらい経過すると目立たなくなります。

脱毛効果が実感しにくいケース・産毛や細い毛

家庭用脱毛器のケノンは、商品の開発や研究に時間を掛けているので、かつての商品に比べると脱毛効果が2倍になっています。家庭用脱毛器は、顔の産毛や細い毛、白い毛などには反応しにくいなどの欠点がありました。家庭用脱毛器のケノンは、顔の産毛や細い毛、白い毛にも光が反応しやすく、以前よりも脱毛効果が高くなっています。ピーチスキンで悩んでおり、化粧のりが良くない、皮膚のくすみなどで悩んでいる場合は、顔脱毛をするのがお勧めです。家庭用脱毛器のケノンは、皮膚が薄くてデリケートな顔も脱毛ができるので、一度試してみると良いでしょう。

脱毛効果が高い!人気の家庭用脱毛器5選

脱毛効果が高い!人気の家庭用脱毛器5選

【ケノン】エムロック

ケノンエミロックは、信頼できる日本製の光脱毛機器です。専用のストロングカートリッジが付いているので、従来の商品に比べると2倍の出力で照射が出来るのが特徴です。家庭用脱毛器の中でも、信頼できる日本製の商品なので、日本人の毛質、毛量、肌質に応じた脱毛が出来るのが魅力です。ケノンエミロックは、公式サイトではリーズナブルな価格で販売されています。ケノンエミロックは、カートリッジ交換式の脱毛器なので、本体が壊れるまで使用できるのが魅力です。顔やデリケートゾーン、脇などの皮膚が弱くて、薄い部位でもスピーディーに脱毛ができます。

関連記事:ケノン脱毛器の口コミ

【脱毛ラボホームエディション】脱毛ラボ

脱毛ラボの脱毛ラボホームエディションは、脱毛サロン並みの出力なので、顔やデリケートゾーン、男性の髭脱毛もできる商品です。脱毛ラボホームエディションは、5段階に出力が調整できるので、皮膚が薄くて弱い部位でも、埋没毛や黒ずみを防いで、美肌効果の高い脱毛が出来るのが特徴です。脱毛ラボホームエディションは、コンパクトで手に持ちやすい形状なので、脇やデリケートゾーンも照射漏れがしにくいです。口コミやレビューでも評価の高い商品なので、安全性に優れており、痛みが少ないのが特徴です。細い毛や産毛もきれいに処理できるのでピーチスキンで悩んでいる人に向いています。

【シルクエキスパート】BRAUN

シルクエキスパートBRAUNは、5段階に出力レベルを調整できるので、毛が密集しており、太くて固い毛が生えている脇、デリケートゾーンのむだ毛もきれいに処理ができる商品です。シルクエキスパートBRAUNは、軽量で手に持ちやすい形状になっており、狭い部分でも手が届きやすく、細い毛や白い毛、産毛、固い毛などをきれいに処理できるのが特徴です。最初は最小レベルで照射をすることで、皮膚への負担を減らすことができます。少しずつ照射レベルを上げていくことで、脱毛効果を高めることができます。シルクエキスパートBRAUNは、価格が安いので費用を抑えることができます。

【LAVIE】ラヴィ

家庭用光脱毛器のLAVIEラヴィは、軽量でコンパクトな形状なのに機能性、実用性に優れている商品です。出力レベルは7段階に調節が出来るので、脱毛したい部位に応じて照射レベルを変えることができます。家庭用光脱毛器のLAVIEラヴィは、細い部位、狭い部位でも使用しやすいコンパクトヘッドを搭載しています。家庭用光脱毛器のLAVIEラヴィは、カートリッジ交換型の家庭用脱毛機器なので、カートリッジを新しい商品に交換すると長く使用できるのが魅力です。デリケートゾーンや脇などの、毛が密集している部位でも、痛みが少なくスピーディーに処理ができる商品です。

【トリア パーソナルレーザー脱毛器X4】トリア

トリア パーソナルレーザー脱毛器X4は、ダイオードレーザーを搭載している家庭用レーザー脱毛機器です。家庭用光脱毛機器に比べると、レーザーの出力が強いので、脇やデリケートゾーンなどの、毛が太くて密集している部位でも、回数を重ねるごとにむだ毛が目立たなくなります。トリア パーソナルレーザー脱毛器X4は、インターネットの公式サイト、大手通販サイトなどでは、6万円前後のリーズナブルな価格で購入できるのが魅力です。手に持ちやすい形状になっており、痛みを抑えているので幅広い年代にお勧めです。数か月使用することでむだ毛が目立たなくなり、自己処理の負担を減らせる商品です。

自分で脱毛するのが面倒な人は脱毛サロンがおすすめ

脱毛器の欠点としては見えない所や手が届かない所には打ちにくいこと。例えば、うなじや背中などは自分で行うのは厄介な部分です。そのような場合にオススメなのがサロン脱毛です。その場合でも予約が取れなかったりすることもあるので、家庭に1台、高機能な家庭用脱毛器があれば、うち漏れされた場合や、効果が出にくい部位があった時にも自宅で対処できるので安心できます。

家庭用脱毛器の効果はいつから実感できる?のまとめ

家庭用脱毛器は、どれぐらいの期間使用すると脱毛効果を実感できるのか、知っておきたい人が増えています。一人一人毛量や毛質などは違ってくるため、多少は個人差があります。比較的むだ毛が少ない場合は、使い始めてから、2、3か月後に毛が細くなって、目立たなくなったと感じるようになります。剛毛で悩んでいる人、毛周期のサイクルが早い人などは、4か月から6か月ぐらい使用すると、優れた脱毛効果を発揮します。頻繁に使用しても、お肌に負担が掛かるだけなので、1週間から2週間に一回使用するのがお勧めです。家庭用脱毛器のケノンは、2週間に1回程度使用すると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました