【家庭用脱毛器でVIO脱毛のやり方】痛くない!おすすめの脱毛器

脱毛 脱毛

VIOにおすすめの家庭用脱毛器の選び方3つのポイント

選び方1・VIOへの使用がOKの脱毛器を選ぶ

デリケートゾーンのむだ毛が濃いと、下着やボトムスなどで蒸れたり、生理やおりもの、排泄物などの臭いが発生しやすくなります。清潔を保ち、臭いを防ぐためにはVIO脱毛がお勧めです。エステサロンや医療機関に通院ができない場合は、VIO脱毛ができる家庭用脱毛器を購入しておくことで、家事や育児、仕事の合間を利用して自宅でむだ毛の処理ができます。

デリケートゾーンは、毛が密集しており、毛が太くて固いので出力を10段階ぐらいに調節できる家庭用脱毛器が向いています。最初は弱めの出力で照射をしてから、少しずつ出力を強めることで脱毛効果を高めることができます。美肌効果の高い光脱毛機器を選んでおくと、黒ずみなどの色素沈着を防げます。

脱毛器を選ぶ時は口コミやレビューでも評価が高く、細かく出力を調整できる家庭用脱毛機器です。1から10段階まで出力を調整できるので、皮膚が薄くてデリケートなIラインやOラインのむだ毛もきれいに処理できます。光脱毛機器は、痛みを最小限に抑えており、出力の調整がしやすいのが魅力です。粘膜の部分は光を照射できませんが、他の部位は毛根にダメージを与えることができます。

最初は弱い出力で照射をしますが、脱毛効果を得にくい場合は少しずつ強めていくと良いでしょう。エステサロン並みの脱毛効果なので、剛毛で悩んでいる人でも回数を重ねるごとにむだ毛が減ってきます。ボタン一つで操作が出来るので幅広い年代にお勧めです。

選び方3・冷却機能付きなど機能性が高い脱毛器を選ぶ

デリケートゾーンは、他の部位に比べると毛が太くて固いので、やや痛みを強く感じることがあります。冷却装置を搭載している家庭用脱毛機器は、脱毛前に皮膚を冷やしておくことで、痛みを最小限に抑えて皮膚の赤み、痒み、肌荒れなどを防ぐ働きがあります。光脱毛機器は、毛のメラニンの黒い部分に反応して、毛根からむだ毛を処理できるのが特徴です。

脱毛後は皮膚が敏感になっているので、冷却装置の付いた脱毛機器で冷却をすることで肌トラブルを未然に防ぐことができます。口コミやレビューでも評価の高い家庭用脱毛機器は、優れた冷却装置を搭載しているので、美肌を維持して痛みを抑えた脱毛ができます。冷却装置が付いていない商品は、事前に保冷剤、冷やしたタオルなどの準備が必要です。

家庭用脱毛器でvio脱毛のやり方・手順

手順1・腕などで照射テストを行う

家庭用脱毛器は、VIO脱毛に対応をしている商品を選んでおくと、自宅で居ながらお手入れができるので便利です。家庭用脱毛器のケノンは、VIO脱毛に対応をしているので、美肌効果が高くスピーディーな脱毛ができるのが魅力です。まずは腕などでテスト照射をすることで、皮膚が弱くて敏感な人でも安心して使用することができます。

テスト照射をしても、皮膚が痒くなったり、赤くならない場合は家庭用脱毛器を使用できます。ケノンはVIO脱毛に対応をしている商品なので、テスト照射で異常がない場合は、IラインやOラインなどの粘膜以外の部位、ビキニラインなどに使用できます。テスト照射をすることで、敏感肌、乾燥肌の人でも自己処理がしやすくなります。

手順2・脱毛箇所は事前に自己処理を行う

家庭用脱毛器のケノンは、使用する前日か2日前ぐらいに電気シェーバーでむだ毛を短くしておくことが大事です。デリケートゾーンは、毛が太くて長いのでそのままだと、十分な脱毛効果を得るのは難しいです。家庭用脱毛器のケノンを使用する前に、むだ毛を2㎜ぐらいの長さにしておくことで、毛が密集している部位でも脱毛効果を高めることができます。

剃り残しがないように、丁寧にむだ毛の処理をしておくことが大事です。IラインやOラインなどは、皮膚が薄くて粘膜などがあるため、優しく丁寧に行うことが大事です。安全性の高い電気シェーバーを使用することで、怪我などを未然に防ぐことができます。むだ毛が長いままで照射をすると、痛みが強くなり、脱毛効果が下がるので注意が必要です。

手順3・照射前はしっかり冷却する

デリケートゾーンは、毛が密集しており、皮膚が薄くてデリケートな部位です。光脱毛機器のケノンは、最小限に痛みを抑えることができます。家庭用脱毛器のケノンは、冷却装置を搭載していないので、事前に冷やしたタオル、保冷剤などを準備しておくことが大事です。VIO脱毛を行う前に、保冷剤や冷やしたタオルで十分に冷却をすることで、痛みを最小限に抑えて肌荒れを防ぐことができます。

家庭用脱毛器のケノンは、口コミやレビューでも評価の高い商品ですが、冷却装置が付いていないのが欠点です。VIO脱毛に対応をしているので、一度に広範囲に光を照射できるのが魅力です。脱毛器本体は120gと軽量なので、手に持ちやすい形状になっています。

手順4・弱い照射パワーから始める

デリケートゾーンは、皮膚が薄くて弱い部位なので、最初からハイパワーで照射をすると肌トラブルの原因になってしまいます。最初は弱い出力から照射をして、脱毛効果があまり実感出来ない場合は、出力を少しずつ強めていくと良いでしょう。VIO脱毛をする前に、事前に腕などでテスト照射をしておくことが大事です。

家庭用脱毛器のケノンは、1から10段階に調節ができるので、IラインやOラインなどのむだ毛は、毛根からきれいに処理ができます。前の部分は残すことができるので、デザイン性の高い脱毛ができるのが特徴です。ハイジニーナ脱毛にも対応できます。

手順5・照射後もしっかり冷却する

家庭用脱毛器のケノンは、光脱毛機器なので痛みを抑えた脱毛ができるのが特徴です。VIO脱毛は多少の痛みを感じるため、脱毛後も冷却をするのがお勧めです。家庭用脱毛器のケノンは、冷却装置が付いていないので、保冷剤や冷やしたタオルなどで、クールダウンをする必要があります。クールダウンをすることで、皮膚の赤み、痒み、肌荒れ、黒ずみなどを防ぐ働きがあります。

家庭用脱毛器を使用した後は、普段よりもお肌が敏感になっているので、保湿効果の高い基礎化粧品を使って、皮膚を保護することが大事です。脱毛をした当日は、入浴は避けてシャワーだけにしましょう。

手順6・脱毛後はしっかりと保湿を行う

デリケートゾーンは、他の部位に比べると皮膚が薄くて弱い部位なので、脱毛後は皮膚の赤み、痒みなどが発生しやすいです。家庭用脱毛器のケノンを使用した後は、保冷剤や冷やしたタオルなどでクールダウンをしておくことが大事です。クールダウンをすることで、痛みを軽減したり、肌トラブルを未然に防ぐ効果があります。

自宅でVIO脱毛をした後は、低刺激でお肌に負担の少ない基礎化粧品を使って、保湿をすることで肌荒れ、黒ずみなどを防ぐことができます。デリケートゾーンは、毛が密集している部位なので、痛みを強く感じることがあります。痛みが強い場合は、しっかりと皮膚を保護しましょう。

Vラインの安全な自己処理方法について

Vラインのむだ毛が濃いと、ショーツや水着からはみ出してしまうので、エチケットとして処理をしておくことが大事です。Vラインの安全な脱毛方法は、電気シェーバーや家庭用脱毛器を使用するのがお勧めです。家庭用脱毛器を選ぶ時は、VIO脱毛対応の商品を選んでおくと、ハイパワーで照射ができるので、短時間で広範囲に照射ができるのが特徴です。

最初は弱い出力から照射をして、少しずつ強めていくことで、太くて固い毛も毛根からきれいに処理できます。家庭用脱毛器のケノンは、最短で1週間に1回使用できるので、回数を重ねるごとにむだ毛が減ってきます。

Iラインの安全な自己処理方法について

Iラインは性器周辺の部位ですが、粘膜などの複雑な部位があり、自己処理が難しい部位です。カミソリや毛抜きなどを使用すると、埋没毛や黒ずみ、怪我などの原因になるので使用しないことが大事です。家庭用脱毛器のケノンは、Iラインは粘膜以外の部位は、むだ毛の処理ができる商品です。

事前に電気シェーバーを使ってむだ毛を短くしておくことで、脱毛効果を高めたり、黒ずみや埋没毛を防ぐことができます。最初から強い出力で照射をすると火傷の原因になるので、弱い出力から始めると良いでしょう。少しずつ出力を上げていきますが、同じ場所に長時間照射しないことが大事です。

Oラインの安全な自己処理方法について

Oラインは肛門周囲のことですが、粘膜などの部位があり、とてもデリケートで自己処理が難しい部位です。毛抜きやカミソリを使用すると、怪我や肌荒れ、炎症などの原因になるので使用しないことが大事です。

Oラインを安全に処理するためには、電気シェーバーや家庭用脱毛器を使用するのがお勧めです。家庭用脱毛器のケノンは、Oラインなどの肛門周囲のむだ毛をきれいに処理できます。事前に電気シェーバーで、むだ毛を短くしてから、ゆっくりと時間を掛けて光を照射すると良いでしょう。最初からハイパワーにすると、火傷の原因になるので注意が必要です。

痛くない!熱くない!正しいVIO脱毛のやり方

照射パワーは最小からスタートし徐々に照射レベルを上げましょう

家庭用脱毛器のケノンは、1から10段階まで出力を調整できるので、最初は照射パワーは最小にしておくことが大事です。デリケートゾーンは、粘膜などがあり、複雑な構造になっているため、最初からハイパワーにすると火傷や肌荒れの原因になってしまいます。最初は最小の出力から照射をして、少しずつ強めていくことで脱毛効果を高めることができます。

家庭用脱毛器のケノンは、乾燥肌、敏感肌の人でも使用できますが、最小のパワーにすることで肌への負担を減らすことができます。日焼けしていたり、湿疹などの皮膚疾患があると使用できないので注意が必要です。

照射前後は感覚がなくなるくらいにしっかり冷却する

ビキニライン、Iライン、Oラインなどの部位は、皮膚が薄くて弱い部位なので、家庭用脱毛器で光を照射した後は皮膚に熱を持っている状態です。家庭用脱毛器のケノンは、冷却機能が付いていないので、保冷剤、冷やしたタオルなどで皮膚が冷たくなるほど、冷やしておくのがポイントです。しっかりと冷却をして、クールダウンをしておくことで、痛みを抑えたり、肌荒れや炎症、火傷などを未然に防ぐことができます。しっかりと冷やすことで、肌トラブルを防いで美肌効果の高い脱毛ができます。埋没毛や色素沈着などを防いで、きれいな素肌になれます。

脱毛後はローションやクリームでしっかり保湿する

家庭用脱毛器のケノンで、VIO脱毛の施術を行うことで優れた抑毛、減毛効果が期待できます。医療レーザー脱毛のような永久的な効果はありませんが、1週間に1回程度使用することで、毛が生えてくるのが遅くなったり、少しずつむだ毛が減ってきます。光を照射した後は、皮膚が熱を持っており、敏感になっているので冷却後に基礎化粧品を使って保湿をしておくと良いでしょう。

基礎化粧品を選ぶ時は、美容成分、保湿成分が豊富に含まれている商品を選ぶと良いでしょう。敏感肌、乾燥肌の人は無添加で安全性の高いローションやクリームを選んでおくと、肌荒れを防ぐことができます。

事前の自己処理をしっかり行う!ムダ毛が多いと痛みが強くなる

家庭用脱毛器のケノンを使用する時は、痛みを最小限に抑えて美肌効果の高い脱毛をするために、事前に電気シェーバーで自己処理をしておくことが大事です。電気シェーバーは、安全性に優れているので、正しく使用すると怪我を未然に防ぐことができます。

事前に2㎜ぐらいの長さにしておくことで、脱毛効果を高めたり、痛みを抑えることができます。むだ毛が多かったり、長すぎると痛みを強く感じたり、脱毛効果を得にくくなります。電気シェーバーを使って、剃り残しがないようにIラインやOラインなども短くしておきましょう。むだ毛を短くすることで痛みを抑えることができます。

キレイにVIO脱毛をする方法

好みのデザインを事前に決めておく

デリケートゾーンは、すべてのむだ毛を処理するハイジニーナ脱毛、一部の毛を残してむだ毛を処理する方法があります。前に部分がないと銭湯に入る時、着替えをする時に抵抗を感じることが多く、一部の毛を残したい人が多いです。前の部分は豊富なデザインが揃っているので、インターネット通販などで専用のプレートなどを購入しておくと便利です。

家庭用脱毛器は、一部の毛を残したり、すべてのむだ毛を処理することができるので幅広い年代に人気があります。VIO脱毛に対応をしている家庭用脱毛器を選んでおくと、前の部分はプレートを使用することで、自分の好きなデザインに仕上がります。

照射しない箇所は古い下着など布で覆う

VIO脱毛を自宅で行う時は、いくつかの注意点があります。医療機関やエステサロンでは、紙製のショーツを履いて脱毛をすることが多いです。自宅で家庭用脱毛器のケノンを使用する時は、古い下着などを着用して、照射しない部分を保護すると良いでしょう。古い下着をずらしながら、弱い出力から照射をすることで、脱毛効果を高めることができます。

家庭用脱毛器は、安全性の高い光脱毛機器ですが、照射していない部位は下着などで保護をする必要があります。粘膜部分は照射ができないので、慎重に時間を掛けて行うことが大事です。粘膜以外の部位は脱毛ができます。

粘膜周辺の皮膚はデリケートなためしっかり保湿をする

家庭用脱毛器のケノンは、コンパクトな形状で軽量なので手に持ちやすく、VIO脱毛に適している商品です。IラインやOラインは性器、肛門などがあり、粘膜などがあるので大変デリケートな部位です。基本的には粘膜のすれすれまで、光を照射することができます。

IラインやOラインなどは、火傷を防ぐために最小の出力から照射をするのがお勧めです。事前に古い下着を着用して、照射をしない部位は保護をしておくことで、肌荒れや炎症、火傷などを未然に防ぐことができます。脱毛後は保湿効果の高いローションやクリームを使って、お手入れをしておきましょう。

家庭用脱毛器でVIO脱毛をする時の注意点

粘膜への照射はしない

家庭用脱毛器のケノンはVIO脱毛が出来ますが、粘膜部分に照射をするのは避ける必要があります。IラインやOラインは自分で見ながら、光を照射するのが難しい部位なので、脱毛前に粘膜部分にマスキングテープなどを貼っておくと、粘膜部分に照射してしまうのを防ぐことができます。

IラインやOラインは、手が届きにくい部分なので、慣れるまでは電気シェーバーですべての毛を剃ってから、脱毛をすると粘膜部分は保護することができます。家庭用脱毛器のケノンは、1から10まで照射レベルを調整できますが、最初は最小出力で始めるとデリケートな部位もきれいに処理できます。

照射レベルは段階的に上げていく

デリケートゾーンは性器や肛門、粘膜などの部位があるので、皮膚が弱く大変デリケートな部位です。最初から強めの出力で照射をすると、火傷や肌荒れ、色素沈着などの原因になってしまいます。

IラインやOラインなどは、手が届きにくく、目で見ながら光を照射するのが難しいので、家庭用脱毛器を使用する時は最小出力から照射をするのがポイントです。粘膜以外の部分に光を照射することで、毛根にダメージを与えてむだ毛を処理することができます。慣れてきたら、少し出力を上げることで脱毛効果を高めて、スピーディーにむだ毛の処理ができるようになります。

1~2週間に1回の照射間隔を守る

家庭用脱毛器のケノンは、週に1回から2週間に1回使用することで、むだ毛を少しずつ減らすことができます。デリケートゾーンは、IラインやOラインなどの粘膜がある部位があるので、頻繁に使用するのは避ける必要があります。

家庭用脱毛器を使用した後は、1週間から2週間の間隔を空けることが大事です。デリケートゾーンは、皮膚が薄くて弱い部位なので、肌荒れや火傷などの原因になってしまいます。安全に使用するためには、一定の間隔を空けることが大事です。正しく使用することで、デリケートな部位でもきれいに処理ができます。定期的に使用することで、清潔を保てるようになります。

生理前後など体調が不安定な時は避ける

家庭用脱毛器のケノンは、生理中は使用することが出来ません。生理前や生理のすぐ後は体の調子が優れないことがあるので、この時期は避けることが大事です。月経前症候群は、生理が始まると改善しますが、体のだるさ、乳房のはり、痛み、腹痛などで体調が良くない状態です。

生理前や生理が終わった後は、皮膚がいつもより敏感になっているので、家庭用脱毛器を使用すると、肌荒れや皮膚の赤み、湿疹などの皮膚疾患の原因になります。生理中の使用は避けるのはもちろんですが、体調が優れない時は使用するのを避けることが大事です。体調が良く、皮膚の状態が良い時に使用すると良いでしょう。

VIOのみ脱毛サロンや脱毛クリニックを利用する

デリケートゾーンは、手が届きにくく、自分で見ながら脱毛をするのが難しい部位です。家庭用脱毛器を使用する場合でも、粘膜部分には照射はしない、体調が良くない時は使用しないなどの注意点があります。IラインやOラインのむだ毛を処理するのは難しいので、火傷や肌荒れなどのトラブルが発生しやすいです。

VIO脱毛だけエステサロン、美容外科の医療機関で脱毛をするのもお勧めです。高い技術や豊富な経験を持ったスタッフが在籍をしているので、安全性が高く、痛みや皮膚への刺激が少ない脱毛を心掛けています。仕上がりも美しいのでプロのスタッフに依頼するのも良いでしょう。

VIOにおすすめの家庭用脱毛器!

【ケノン】エムロック

ケノンのエムロックは、信頼できる日本製の光脱毛機器です。スキンケア用、脱毛用の専用カートリッジが付いており、長く使用出来る商品です。

エムロックは、10段階に出力が調整できるので、太くて固い毛が生えているVIOなどの部位を脱毛するのに適しています。高出力なのに、皮膚への刺激が少ないので美肌効果が高く、スピーディーな脱毛が出来るのが特徴です。エムロックは、インターネットの公式サイト、大手通販サイトなどで10万円以下で購入できます。デリケートゾーンなどの、細くて狭い部位でも毛根からきれいに処理できるのが魅力です。

関連ページ:ケノンの脱毛器の口コミ

【光エステ脱毛器 LAVIE】LAVIE

光エステ脱毛器 LAVIELAVIEは、信頼できる日本製の光脱毛機器なので、コンパクトヘッドを搭載しており、デリケートゾーンの太くて固い毛でも、毛根からきれいに処理できるのが特徴です。VIO脱毛を自宅で行いたい人に向いている商品です。

光エステ脱毛器 LAVIELAVIEは、7段階に出力が調整できるので、剛毛で悩んでいる人でも、スピーディーな脱毛ができるのが特徴です。交換用カートリッジが付いているので、長く使用できるのが特徴です。インターネットの公式サイト、大手通販サイトで購入すると2年間保証が付いているので安心です。

【シルクエキスパート】BRAUN

シルクエキスパートBRAUNは、コンパクトで軽量な光脱毛機器なので、手に持ちやすく、細い毛や白い毛、太い毛も毛根からきれいに処理できる商品です。シルクエキスパートBRAUNは、5段階に出力が調整できるので、最初は最小出力にすることで肌荒れ、炎症などを防ぐことができます。シルクエキスパートBRAUNは、独自のコンパクトヘッドを搭載しているので、デリケートゾーンなどの狭くて、手の届きにくい部位でもスピーディーに脱毛ができます。シルクエキスパートBRAUNは、5万円以下とリーズナブルな価格なので初期費用を抑えて導入できるのが特徴です。

【脱毛ラボホームエディション】脱毛ラボ

脱毛ラボホームエディション脱毛ラボは、エステサロン並みの出力なので、毛が太くて密集している部位のVIO脱毛ができる商品です。脱毛ラボホームエディション脱毛ラボは、5段階に出力が調整できるので、皮膚が薄くてデリケートな部位、粘膜周辺などは最小出力にすることで、皮膚への負担を減らすことができます。脱毛ラボホームエディション脱毛ラボは、安全性の高い光脱毛機器なので、コンパクトな形状になっており、細い部位、手の届きにくいOラインなどもきれいに毛根から、処理ができます。大手脱毛サロンの脱毛ラボの商品です。

【ルメア プレステージ】PHILIPS

ルメア プレステージPHILIPSは、専用のアタッチメントが2個付いているのが特徴です。ルメア プレステージPHILIPSは、コンパクトで軽量なので手に持ちやすく、段階別に出力を調整できる光脱毛機器です。皮膚のメラニンの黒い部分に反応して、毛根からきれいに処理できるのが特徴です。ルメア プレステージPHILIPSは、ビキニラインなどに使用できる商品なので、狭い部位、手の届きにくい部位でもきれいに毛根から処理できるのが特徴です。ルメア プレステージPHILIPSは、公式サイト、大手通販サイトなどで購入できます。

【SMOOTHSKIN pure fit]】CyDen

SMOOTHSKIN pure fit]CyDenは、コンパクトで手に持ちやすい形状の光脱毛機器です。5段階に出力の調整ができるので、VIO脱毛にも対応をしています。SMOOTHSKIN pure fitCyDenは、取り外しができる専用の刃が付いているので、取り換えをすることで狭い部分でもきれいに、スピーディーに脱毛が出来るのが特徴です。デリケートゾーンのIライン、Oラインなどは、狭くて手が届きにくい部位ですが、細部まできれいに脱毛ができるのが特徴です。最初は最小の出力から照射をして、少しずつ上げていくのがお勧めです。

【レイボーテR】ヤーマン

レイボーテRヤーマンは、口コミやレビューでも評価の高い家庭用光脱毛機器です。高速連射機能を搭載しているので、VIO脱毛などの毛が太くて密集している部位でも、スピーディーにむだ毛の処理ができるのが魅力です。レイボーテRヤーマンは、公式サイト、大手通販サイトなどで購入できますが、10万円以下とリーズナブルな金額です。手に持ちやすい形状になっており、段階別に出力を調整できるので、IラインやO
ラインなどの粘膜すれすれまで、光を照射できるのが特徴です。レイボーテRヤーマンは、短時間でむだ毛の処理ができるのでVIO脱毛におすすめです。

【パーソナルレーザー脱毛器4X】トリア

パーソナルレーザー脱毛器4Xトリアは、医療機関でも導入しているダイオードレーザーを開発した家庭用レーザー脱毛機器です。光脱毛に比べると出力が強いので、VIO脱毛に適している商品です。毛が太くて密集している部位でも、一度に広範囲にスピーディーにむだ毛の処理ができるのが特徴です。2週間に1回使用することで、3か月ぐらいはきれいな状態を保つことができます。パーソナルレーザー脱毛器4Xトリアは、6万円以下とリーズナブルな価格です。公式サイトでは、初回購入の場合はお得な割引が適用されるので、初期費用を抑えて購入できます。

家庭用脱毛器でVIO脱毛のやり方・おすすめ脱毛器まとめ

家庭用脱毛器は、数多くの商品が販売されていますが、ケノンのようにVIO脱毛ができる商品がお勧めです。VIO脱毛に対応をしている家庭用脱毛器は、毛が密集しており、デリケートな部位でも、スピーディーにむだ毛の処理ができるのが特徴です。ケノンは口コミやレビューでも評価が高く、10万円以下で購入できるのでお財布の負担が少なくなります。家庭用脱毛器を選ぶ時は、自分の毛質、毛量、肌質に応じた商品を選ぶと失敗が少ないです。家庭用脱毛器を使用する前に、保冷剤、冷やしたタオルなどを用意しておくと良いでしょう。冷却装置が搭載している家庭用脱毛器は、人気があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました