【脱毛器メンズおすすめ】ヒゲ・VIOに効果的な家庭用脱毛器

脱毛

メンズにおすすめの家庭用脱毛器の選び方3つのポイント

選び方1・効果的な脱毛方式で選ぶ

男性は電気シェーバー、カミソリなどで髭剃りをしている人が多いですが、カミソリ負け、肌荒れなどで悩んでいる人が少なくありません。家庭用脱毛器は自宅で居ながら、空いた時間を利用してむだ毛の処理ができます。数多くの商品が販売されていますが、男性の髭脱毛に対応をしている商品を選びましょう。髭が濃いことで悩んでいる場合は、家庭用レーザー脱毛機器、家庭用光脱毛機器などがお勧めです。5段階、7段階、10段階に出力を調整できる脱毛機器が揃っているので、自分の毛質、肌質、毛量に応じた商品を選ぶことが大事です。髭が濃い人はハイパワーの脱毛機器がお勧めです。

選び方2・ヒゲ、VIOが使用可能な機種を選ぶ

家庭用脱毛機器を選ぶ時は、照射レベルを調節しやすく、髭脱毛、VIO脱毛に対応をしている商品がお勧めです。エステサロンや医療機関に通院をする時間がない場合は、家庭用脱毛器を使用することで優れた脱毛効果が期待できます。剛毛で悩んでいる人は、家庭用レーザー脱毛機器がお勧めです。家庭用光脱毛機器に比べると、出力が強いので一度に広範囲に照射ができるのが魅力です。最初は低めの出力で照射をして、慣れてきたら出力を強めていくと良いでしょう。

選び方3・機能性が高い機種を選ぶ

家庭用脱毛器で髭脱毛をしたい場合は、機能性、実用性、操作性の高い脱毛機器を選ぶことが大事です。友人や知人のアドバイスを受けたり、インターネットの口コミやレビューなどを参考にすることで、自分に合った商品を購入することができます。髭脱毛、VIO脱毛に対応をしている商品でも、10万円以下の商品が揃っています。冷却装置を搭載した商品を選んでおくと、皮膚を冷やすことが出来るので、痛みを軽減したり、肌荒れを防ぐ効果があります。複数の商品の価格、機能、カートリッジの有無など商品の特徴を、リサーチしておくと安心です。

メンズ脱毛器の効果的な使い方

使い方1・事前に自己処理をしっかり行う

家庭用脱毛器を使用する前に、事前に電気シェーバーを使って自己処理をしておくことが大事です。むだ毛が長いまま、光やレーザーを照射すると、十分な脱毛効果を得るのは難しいです。安全性の高い電気シェーバーを使って、2㎜ぐらいの長さにしておくと良いでしょう。剃り残しが無いように、丁寧に自己処理をしておくことが大事です。カミソリや毛抜きなどは、カミソリ負け、肌荒れ、炎症などの原因になるので、使用してはいけません。電気シェーバーは、顔の顎や頬などのデリケートな部位でも、きれいに自己処理ができます。自己処理をした後は、基礎化粧品を使って保湿をしておきましょう。

使い方2・使用前は腕などで照射テストを行う

皮膚が弱くて敏感な人でも、皮膚に疾患がない場合は家庭用脱毛器を使用することができます。肌荒れや炎症を防ぐために、正しく使用することが大事です。使用前に取り扱い説明書に、きちんと目を通しておくことが大事です。肌トラブルを未然に防ぐために、腕などの部位で照射テストをしておくと良いでしょう。照射テストをしても、皮膚がかぶれたり、赤くならない場合は、髭脱毛をすることができます。顔の皮膚は薄くて、デリケートな部位なので、使用前に照射テストを行うのをお勧めします。体調が良くない時、湿疹などの異常がある時は使用しないことが大事です。

使い方3・照射レベルは段階的に上げる

髭は他の体の部位に比べると、毛が太くて固く、密集しているのが特徴です。他の部位に比べると、脱毛効果を実感するのに時間が掛かる傾向があります。家庭用脱毛器を選ぶ時は、7段階から10段階に調節ができるハイパワーの脱毛機器がお勧めです。痛みに敏感な人は、光脱毛機器、冷却装置などを搭載している商品がお勧めです。最初は最低出力で照射をしてから、脱毛効果を高めるために少しずつ出力を上げていくことで、太くて固いむだ毛も毛根から処理ができます。1週間から2週間に1回程度使用することで、優れた抑毛、減毛効果が期待できます。

使い方4・使用頻度はメーカー推奨を守る

家庭用レーザー脱毛機器、家庭用光脱毛機器は、メーカーによっても使用頻度が違ってきます。毛周期のサイクルに合わせて使用することで、脱毛効果を高めることができます。髭は毛周期のサイクルが早いので、1週間から2週間に1回使用できる商品がお勧めです。家庭用脱毛器は、皮膚の表面に出ている成長期のむだ毛しか処理ができません。頻繁に使用しても脱毛効果を高めることはできないですし、肌荒れや炎症、火傷などの原因になります。取り扱い説明書に、家庭用脱毛機器の使用頻度が記載されています。使用頻度を守ることで、脱毛効果を高めることができます。

使い方5・使用の前後はしっかりと冷却する

家庭用脱毛器には、冷却装置を搭載している商品、搭載していない商品があります。冷却装置が付いていない場合は、保冷剤、冷やしたタオルなどで脱毛前、脱毛後に皮膚が冷たくなるまで冷やすことが大事です。クールダウンをすることで、肌荒れや炎症を防ぐことができます。脱毛前に冷却をすることで、痛みを軽減する効果があります。冷却装置を搭載している商品を選んでおくと、保冷剤、冷やしたタオルなどを準備する手間を減らせます。優れた冷却装置を搭載している商品は、脱毛前、脱毛後にクールダウンが出来るので便利です。コスパが良く、リーズナブルな価格の商品が人気です。

使い方6・照射後はしっかりと保湿する

家庭用脱毛器で髭脱毛をした後は、皮膚が熱を持っている状態なので、普段よりも敏感になっています。皮膚が乾燥しやすい人は、肌荒れや炎症などのトラブルの原因になるので、脱毛後は冷却をしたり、保湿、美容成分が多く含まれている基礎化粧品を使って、スキンケアをしておくことが大事です。脱毛後は皮膚が赤くなったり、痒くなりやすいですが、保湿をすることで肌荒れを防ぐ効果があります。顔は皮膚が薄くて弱い部位なので、ローションやクリーム、美容液、乳液を使って保湿をしておきましょう。仕事やアルバイト、学業などで忙しい人は、オールインワンタイプの化粧品がお勧めです。

メンズ脱毛器はどのような効果が期待できる?

家庭用脱毛器では永久脱毛はできない

家庭用脱毛器は、医療機関、エステサロンの業務用脱毛機器に比べると、やや出力が弱いので永久脱毛をすることはできません。家庭用脱毛器には、レーザー脱毛機器、光脱毛機器などがありますが、皮膚の黒い部分に照射をすることで毛根から、むだ毛を処理することができます。むだ毛は毛周期のサイクルがあり、成長期のむだ毛を処理しても、2週間を経過するとまた毛が生えてきます。髭は毛周期のサイクルが早いので、数回の使用だけでは脱毛効果を得るのは難しいです。永久脱毛はできないので、定期的に使用することが大事です。永久脱毛はできませんが、回数を重ねることでむだ毛が細くなり、抜けやすくなります。

永久脱毛の定義とは?

人間の体には体毛が生えており、永久脱毛の施術を受けても、むだ毛が生えてこないという保証はありません。医療機関のニードル脱毛、医療レーザー脱毛は、出力が強く、毛母細胞、毛包などを破壊して毛根から処理をする方法です。永久脱毛の定義とは、脱毛後1か月を経過してから、むだ毛の再生率が20パーセント以下の状態です。永久脱毛の施術をしても、完全に無毛にすることは出来ませんが、毛の再生率を下げることができるので自己処理が楽になります。髭脱毛の施術が完了した後でも、毛は生えてきますが、自宅でのお手入れがとても楽になります。

永久脱毛ができるのは「医療脱毛」「ニードル脱毛」のみ

永久脱毛は、むだ毛が生えてこなくなることではないですが、医療機関で定期的に通院をすることで、むだ毛の再生率を下げることができます。毛周期のサイクルに合わせて脱毛をすることで、むだ毛が細くなって、抜けやすくなります。永久脱毛ができるのは、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛のみになっています。ニードル脱毛は、毛根に専用の針を入れて電流を流すことで、毛根からきれいに処理できる方法です。ニードル脱毛は、優れた効果が期待できますが、痛みが強いのが欠点です。家庭用脱毛器は、業務用脱毛器に比べると機能性が劣るので、永久脱毛はできません。

家庭用脱毛器は減毛・抑毛が可能

家庭用脱毛器は、光やレーザーを皮膚の黒い部分に照射をすることで、太い毛、細い毛、産毛などを毛根から処理ができます。医療機関のレーザー脱毛、ニードル脱毛とは違って、むだ毛が生えてくる原因の部位を破壊することはできません。永久脱毛はできないですが、1週間から2週間に1回程度、継続して使用することで優れた抑毛、減毛効果が期待できます。男性の髭は太くて固いのが特徴ですが、家庭用脱毛器を4か月以上使用することで、むだ毛が目立たなくなり、自宅でのお手入れが楽になります。髭脱毛をすることで、清潔な印象を与えることができます。

家庭用脱毛器の継続使用でヒゲやVIOなどの脱毛効果を実感できる

男性の髭、デリケートゾーンは、毛周期のサイクルが早く、毛が太くて固いのが特徴です。エステサロン、医療機関に通院をする時間、お金に余裕がない場合は、家庭用脱毛器を使ってお手入れをするのがお勧めです。数多くの商品が販売されているので、男性の髭、デリケートゾーンに対応をしている商品がお勧めです。照射レベルを10段階に調節できる商品は、ハイパワーなので脱毛効果を高めることができます。家庭用脱毛器を継続して使用することで、髭、VIOなどのむだ毛が目立たなくなります。美肌効果の高い商品を選んでおくと、黒ずみや肌荒れを防げます。

メンズにおすすめの家庭用脱毛器10選

【ケノン】エムロック(口コミ・販売実績No1のケノンの脱毛器)

家庭用脱毛器ケノンエムロックは、従来の商品に比べると改良が進んでいるので、2倍の脱毛効果が得られるのが魅力です。男性の髭脱毛、VIO脱毛に対応をしているので、一度に広範囲に光を照射できるため、スピーディーな脱毛ができるのが特徴です。ケノンエムロックは、カートリッジ交換式の商品ですが、カートリッジの寿命が長いのでコスパが良いのが魅力です。カートリッジが使えなくなっても、買い替えをすることで本体が壊れるまで使用できるのが魅力です。太くて固い毛でも、痛みを抑えた脱毛ができます。美肌効果が高いので、皮膚の弱い人も安心です。

関連記事:ケノンの口コミ

【トリア パーソナルレーザー脱毛器X4】トリア・ビューティー・ジャパン

トリア パーソナルレーザー脱毛器X4は、医療機関でも使用しているダイオードレーザーを使用した、家庭用レーザー脱毛機器です。トリア パーソナルレーザー脱毛器X4は、男女兼用で使用できるため、男性の濃い髭でも痛みが少なく、スピーディーに脱毛ができるのが特徴です。コードレスタイプになっており、サングラスを使用する必要がないので、幅広い年代に人気があります。従来のレーザー脱毛に比べると、ダイオードレーザーは、優れた脱毛効果があり、皮膚への負担が少ないです。5段階に照射レベルを調節できるので、最初は弱い出力で照射をすると良いでしょう。

【男女兼用 ホームエディション】脱毛ラボ

男女兼用 ホームエディションは、大手脱毛サロンの脱毛ラボの家庭用脱毛機器です。ホームエディションは、男女兼用で使用できる商品なので、男性の髭脱毛に適しています。特殊な光を皮膚の黒い部分に照射をすることで、毛根にダメージを与えて優れた抑毛、減毛効果が期待できます。男女兼用 ホームエディションは、脱毛サロンが提供をしている脱毛機器なので、ボタン一つで操作ができるのが魅力です。皮膚が弱くて敏感な顔にも使用できる商品です。男性の濃い髭でも、3、4か月を過ぎると、毛が細く短くなり、自宅でのお手入れが楽になります。

【レイボーテ メンズフラッシュZERO】ヤーマン

ヤーマンのレイボーテ メンズフラッシュZEROは、エステサロン並みのハイパワーの家庭用脱毛器です。美肌効果の高い特殊な光を皮膚の黒い部分に照射をすることで、顔やVIO脱毛ができる商品です。男性の濃い髭でも、スピーディーに脱毛ができるのが特徴です。顔などの狭い部分は、シングルモードにすることで照射漏れがしにくくなります。レイボーテ メンズフラッシュZEROは、5段階に出力が調整できるので、最初は最小レベルで照射をして、少しずつ上げていくと良いでしょう。レイボーテ メンズフラッシュZEROは、皮膚への負担が少ないのでお肌が弱く、乾燥しやすい人にお勧めです。

【シルクエキスパート】BRAUM

シルクエキスパートBRAUMは、従来の光よりも皮膚への刺激が少なく、痛みの少ないIPL脱毛機器です。顔などの皮膚が薄くて、弱い部位でも使用できるのが特徴です。シルクエキスパートBRAUMは、一度に広範囲に照射ができるので、スピーディ―な脱毛が出来るのが特徴です。シルクエキスパートBRAUMは、肌色に応じて自動的に出力を調整することができるので、男性の髭脱毛にも対応ができます。IPL脱毛は、美肌効果が高いので顎や頬、口の周りなどもきれいに処理ができます。シルクエキスパートBRAUMは、比較的リーズナブルな価格なので初期費用を抑えることができます。

【レイボーテR】ヤーマン

レイボーテRヤーマンは、顔などの狭い部位でも光が照射しやすいのが特徴です。高速連射機能を搭載しているので、照射漏れが少なく、スピーディーにむだ毛の処理ができます。レイボーテRヤーマンは、照射レベルを5段階に調節することができるので、男性の太くて固い髭でもきれいに処理できるのが特徴です。レイボーテRヤーマンは、ローラーモードとシングルモードがありますが、顔などの狭い部位は、シングルモードにすることで美肌効果の高い脱毛ができます。レイボーテRヤーマンは、狭い部位でも照射しやすいヘッドが付いているので操作がしやすいです。

【スムーズスキン bare】CyDen

スムーズスキン bareCyDenは、男女兼用の家庭用脱毛機器なので、男性の濃い髭、VIOなどの部位にも対応できる商品です。スムーズスキン bareCyDenは、美肌効果高く、痛みに少ないIPL脱毛機器なので、顔などの皮膚が薄くて弱い部位でも、皮膚への負担が少ないのが特徴です。男性の太くて、固い髭でも毛根からきれいに処理ができるので、毛が生えてくるスピードが遅くなります。スムーズスキン bareCyDenは、永久脱毛はできませんが、定期的に使用することで毎日の髭剃りが楽になります。照射レベルは5段階に調節できるので、毛深い人でも脱毛効果を実感しやすいです。

【ルメア プレステージ】フィリップス

ルメア プレステージフィリップスは、安全性が高く、痛みの少ない光脱毛機器です。口コミやレビューでも評価の高い商品なので、男性の濃い髭、VIO脱毛にも対応をしている商品です。ルメア プレステージフィリップスは、6万円前後の価格なので初期費用を抑えて導入できます。手に持ちやすい形状になっており、5段階に照射レベルを調節できるので、太くて固いむだ毛もきれいに処理できます。継続して使用することで、髭が少しずつ細くなって、抜けやすくなります。ルメア プレステージフィリップスは、冷却をすることが出来るので痛みを軽減したり、肌荒れを防ぐ効果があります。

【ホームクリア】メンズクリア

ホームクリアメンズクリアは、男性の太くて固い髭、VIO脱毛にも対応をしている商品です。インターネットの公式サイトでは、6万円以下で販売されているので、初期費用を抑えて購入することができます。ホームクリアメンズクリアは、ボタンを長押しすることで高速連射をすることができるため、短時間でスピーディーに髭脱毛ができるのが特徴です。髭は他の体の部位に比べると、毛周期のサイクルが早いですが、定期的に使用することで毛が細くなって、短くなってきます。ホームクリアメンズクリアは、照射レベルを5段階に調節できるので高い脱毛効果を得られるのが魅力です。

【エピレタ】アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマの光脱毛器であるエピレタは自宅で簡単にムダ毛処理ができる機器です。サロンに通うよりも安価で効果も持続するので、サロンに通うよりコスパが良い製品。また肌センサーが搭載されていて、照射面に間違いがあると光が出ないため、光脱毛器を初めて使う方でも安全に使用できます。価格が安い分、効果が出るのに時間がかかるのが難点ですが、とにかく1台という人には向いている製品です。

メンズにおすすめの家庭用脱毛器まとめ

髭剃りは男性にとっては、大切な見だしなみなので、エステサロンや美容皮膚科に通院をしている人が増えています。仕事や学業が忙しく、通院をする時間がない場合は、家庭用脱毛器を使用すると良いでしょう。

インターネット通販の専門店では、男女兼用で使用できる商品、男性の髭脱毛、VIO脱毛に対応をしている商品が販売されています。10万円以下でも機能性、実用性に優れた商品が揃っているので、自分の毛質や肌質、毛量に合った商品を選ぶと失敗が少ないです。光脱毛機器、IPL脱毛機器、レーザー脱毛機器などがあるので、冷却装置や高速連射機能が付いている商品を選ぶと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました