【ケノンの脱毛器の使い方】効果的な事前処理と間違いやすい注意点

脱毛

ケノンの脱毛器は、安全性に優れており、痛みを抑えた脱毛ができるので人気があります。
ケノンを使用して脱毛をする時は、いくつかの注意点があるので覚えておくと良いでしょう。
むだ毛が長いままでは、十分な脱毛効果が得られないので、使用する前日か2日前に電気シェーバーを使って自己処理をしておくことが大事です。
剃り残しをしないように、細部まで丁寧に電気シェーバーでむだ毛を短くしておきましょう。
むだ毛の長さは2㎜ぐらいにしておくことで、フラッシュがメラニンに反応しやすくなり、痛みを抑えたスピーディーな脱毛ができます。
フラッシュを照射すると皮膚が熱を持った状態になるので、保冷剤や冷やしたタオルでしっかりと冷却しておくことが大事です。

ケノンは信頼できる日本製の家庭用脱毛器なので、エステサロンなどでも使用しているIPL脱毛機器です。
業務用IPL脱毛機器に比べると、性能や脱毛効果はやや劣りますが、一般的な光脱毛に比べると10段階に照射レベルを調節できます。
顔やデリケートゾーンなどの、皮膚が薄い部位、色素沈着が気になる部位でも、照射レベルを下げることで火傷を防いで安全に使用できるのが特徴です。
IPL脱毛は従来の光脱毛に比べると、皮膚への負担が少ないので、ケノンを使用する前と後にしっかりと冷却をしたり、基礎化粧品を使って保湿をすることで肌トラブルを防ぐことができます。
口コミやレビューでも評価の高い脱毛器なので、10万円以下で購入できるのが魅力です。

ケノンの脱毛器の仕組みは?IPL脱毛

家庭用脱毛器には、光やIPL、レーザーなどの種類がありますが、ケノンの脱毛器では、皮膚の黒い部分に光を照射して、毛根にダメージを与えることができます。医療用のレーザー脱毛やニードル脱毛とは違って、永久脱毛することはできませんが、定期的に使用することでむだ毛を減らして、抜けやすくすることができます。

ケノンの脱毛器には、取り扱い説明書が付いているので、安全で効果的な脱毛をするために、きちんと目を通しておくことが大事です。同じ場所に光やレーザーを照射すると、火傷や肌荒れの原因になるので注意しましょう。毛周期のサイクルに合わせる必要があるので、一定の期間は空けることも大事です。

ケノンは皮膚のメラニンの黒い部分に、フラッシュが反応して毛根から脱毛できる商品です。
火傷や火ぶくれなどのトラブルを避けるために、正しい使い方を覚えておきたい人が増えています。
日焼けをしている人、IラインやOラインなどの黒ずみが気になる部位などは、火傷をする可能性があるのでなるべく使用しないほうが良いでしょう。
IラインやOラインは、黒ずみが薄い場合は問題なく使用できますが、黒ずみが濃い部分は火傷をする可能性があるので照射はしないことが大事です。

脇やデリケートゾーンは、皮膚が薄くて色素沈着が気になる部位なので、ケノンを使用する時は照射レベルを低めにすることで肌荒れ、火傷を防ぐことができます。
ケノンを使用した後は、しっかりと冷却をしましょう。

関連ページ:ケノンの家庭用脱毛器の口コミ

ケノンの脱毛器のリスク・やけど

ケノンの家庭用脱毛器は、安全性能が優れていますが、間違った使い方をするとやけどや肌荒れなどのリスクがあります。光やレーザーは、皮膚のメラニンの黒い部分に反応するので、脱毛前に日焼けをすると火傷をしてしまいます。日焼けをした時は、皮膚が敏感になっているので、家庭用脱毛器を使用しないことが大事です。

ケノンの家庭用脱毛器は、10段階に照射レベルを調整することができます。最初から強い出力で照射をすると、火傷のリスクが高くなります。最初は低出力から照射をして、少しずつ上げていくことが大事です。

ケノンは安全性に優れており、皮膚への刺激が少ないですが、痛みはどれぐらいなのか知りたい人が多いです。
足や腕などの毛が薄くて短い部位は、痛みが少ないですが、デリケートゾーンや髭、脇などの毛が密集しており、太くて固い毛が生えている場合は痛みが強くなることがあります。
痛みを軽減するためには、使用前に保冷剤や冷やしたタオルなどでしっかりと冷やしておくと良いでしょう。
女性は生理前、生理中は皮膚が敏感になっており、痛みを感じやすいので、この時期はなるべく使用しないことが大事です。
生理が終わると女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増えるので、この時期は肌荒れがしにくいです。
皮膚が乾燥していたり、肌荒れをしている時は痛みを感じやすいので、使用しないほうが良いでしょう。

関連記事:ケノンの脱毛器でやけどをしない方法

ケノンの脱毛器のリスク・痛み

家庭用脱毛器は、光やIPL、レーザーなどの種類がありますが、レーザーに比べると光脱毛器のほうが痛みが少ない傾向があります。脇やデリケートゾーン、髭などは毛が密集しており、他の部位に比べると毛が太くて固いのが特徴です。

毛が密集している部位は、痛みが強いと感じることがあります。家庭用脱毛器を使用する前に、保冷剤や冷やしたタオルなどで冷やしておくと、痛みを軽減することができます。家庭用脱毛器を選ぶ時は、冷却装置が付いている機種を選んでおくと便利です。むだ毛が少ない人に比べると、毛深い人のほうが痛みを感じやすい傾向があります。

特に家庭用脱毛器で効果があることで人気の高いケノンのエムロックを使用する場合は、アイスノン等での肌の冷却は必ず行う必要があります。使用方法には十分気を付けて正しく使用しないと思いがけない肌トラブルや痛みの原因になります。

ケノンの脱毛器のリスク・肌トラブル(赤み・痒みなど)

ケノンの脱毛器は、皮膚のメラニンの黒い部分に照射をする必要があります。光やレーザーを照射した後は、皮膚が熱を持っている状態なので、普段よりも敏感になっています。家庭用脱毛器を使用した後は、冷却などのクールダウンをしたり、保湿効果の高い基礎化粧品を使ってお手入れをしておくことが大事です。

皮膚の赤みや痒みが発生したり、肌荒れをしてしまうことがあります。皮膚が弱い人は、事前に二の腕などでパッチテストをしておくことが大事です。家庭用脱毛器を使用した時は、皮膚が敏感になっているので、入浴はせずにシャワーだけにしておくのがお勧めです。

ケノンは安全性に優れた脱毛器ですが、皮膚のメラニンの黒い部分にフラッシュが反応するので、皮膚の赤み、痒み、ひりひりなどの肌トラブルが発生することがあります。
皮膚が弱くて敏感な場合は、事前に二の腕などでパッチテストをしてから、ケノンで脱毛をすると良いでしょう。


ニキビが化膿していたり、湿疹などの皮膚疾患がある場合は、ケノンを使用すると悪化する可能性があるので、皮膚科医の診察、治療を受けておき、皮膚の状態が良くなってから使用するのがお勧めです。
ケノンは照射レベルを上げてしまうと、皮膚への負担が大きくなるので、最初は低めにしておくことで皮膚の赤み、痒みなどを防ぐことができます。
ケノンを使用した後は、しっかりと冷却をしておき、化粧品で保湿をしておくことが大事です。

ケノンの脱毛器を使う前には自己処理をしましょう

ケノンの脱毛器は家事や育児、仕事の合間を利用して、自宅でむだ毛の処理ができるため、幅広い年代に人気があります。
一人一人毛量や毛質、肌質が違っているので、効果的な脱毛をするためのポイントがあるので理解しておきましょう。
エステサロンや美容皮膚科などでも、脱毛をする前日、2日前に自宅で自己処理をするのを推奨しています。
ケノンを使用する前日、2日前にはむだ毛を電気シェーバーで短くすることで、フラッシュがメラニンに反応しやすくなり、スピーディーで効果的な脱毛ができます。
むだ毛が長いままで脱毛をしてしまうと、痛みを強く感じたり、十分な脱毛効果が得られないので必ず自己処理をしておきましょう。
カミソリは皮膚を傷つけたり、肌荒れの原因になるので使用しないことが大事です。

脱毛ケノンの脱毛器を使う前には自己処理をしましょう

事前の自己処理が必要な理由について

ケノンの脱毛器を使用する前に、電気シェーバーを使ってむだ毛を2㎜ぐらいの長さにしておくことが大事です。むだ毛が長いままだと、十分な脱毛効果を得るのは難しいですし、痛みを強く感じやすいです。自宅で自己処理をする時は、カミソリや毛抜きは使わないことが大事です。カミソリや毛抜きは、カミソリまけ、肌荒れ、炎症などの原因になるので避ける必要があります。

電気シェーバーは、安全性に優れており、むだ毛を短くすることができます。剃り残しがあると脱毛効果が下がってしまうので、丁寧に自己処理をしておきましょう。スピーディーで効果的な脱毛をするために、自己処理は欠かせません。

ケノンを使用する前は、必ず自己処理をしておく必要がありますが、その理由を知っておくことが大事です。
むだ毛が長いまま、フラッシュを照射してしまうとむだ毛が熱くなってしまい、火傷をしたり、皮膚にダメージを与えてしまうので、事前に2㎜ぐらいの長さにしておく必要があります。
電気シェーバーは安全性に優れており、クリームなどを塗らなくても使用できるので、自己処理をするのに適しています。
深剃りタイプの商品は皮膚への負担が大きいので、一般的なタイプで皮膚への負担が少ない商品を選ぶと良いでしょう。
むだ毛が長い状態で、フラッシュを照射してしまうと熱が分散してしまうので、十分な脱毛効果を得ることができません。
自己処理の重要性を覚えておきましょう。

ケノン脱毛器では毛抜きでの自己処理は絶対にダメ

ケノンの脱毛器などの光脱毛では、毛根の黒いメラニン色素に光を当てて、熱で毛根を弱体化させます。このため毛抜きで毛根ごと毛を抜いてしまうと、光でダメージを与えられなくなります。なので、絶対に毛抜きで事前処理を行ってはいけません。

また、毛抜きでむだ毛をひっぱると、雑菌が侵入してしまい炎症を起こしてしまうことが少なくありません。毛抜きは痛みを強く感じることがあるので、脇やデリケートゾーンなどの毛が密集している部位は、使用しないことが大事です。

ケノン以外の家庭用脱毛器や脱毛サロンでも、光やレーザーを照射して、むだ毛を処理する方法なので、光で脱毛する光脱毛の方式で、毛抜きは自己処理は行ってはいけません。自己処理をする時は、安全性能の高い電気シェーバーを使うことが大事です。

毛抜きはドラッグストア、100円ショップなどで販売されていますが、ケノンを使用する前に自己処理をするために使用するのは避けたほうが良いでしょう。
毛抜きは毛根から処理ができますが、毛を引っ張る必要があるので、皮膚に負担が掛かってしまい埋没毛、毛嚢炎などの原因になってしまいます。
埋没毛は皮膚に毛が埋まっている状態なので、表面から見ると黒く見えますし、自宅で処理するのは難しいです。
毛嚢炎を起こしてしまうと、皮膚科に通院をして治療を受ける必要がありますし、治療が長引いてしまうことが多いです。
毛抜きは自己処理をするのに適していないので、電気シェーバーを使ってむだ毛を短くしておきましょう。
電気シェーバーを使用する時は、皮膚を強く押さえないことが大事です。

ケノンの事前処理は電気シェーバーがおすすめ

ケノンの脱毛器を使用する前は、電気シェーバーを使ってむだ毛を短くしておくことが大事です。
毛抜きは厳禁として、剃刀も肌を痛めてしまう可能性があるからです。
カミソリに比べると電気シェーバーは、肌を傷つけるリスクが少ないです。カミソリは皮膚を傷つけてしまったり、カミソリまけをしやすい人は特に使用しないことが大事です。

カミソリを使い続けると、肌にダメージを与えてやがては黒ずみの原因となることもあるため、スキンケアの観点からも電気シェーバーがおすすめです。

むだ毛が長い状態で、フラッシュを照射してしまうと、毛が熱くなって火傷をしたり、メラニンの黒い部分にうまく熱を与えることができないので、十分な脱毛効果を得ることは出来ません。
肌トラブルを防いだり、脱毛効果を高めるために、ケノンを使用する前に電気シェーバーを使って自己処理をしておきましょう。
電気シェーバーはカミソリとは違って、肌に傷が付きにくく、クリームなどを塗らなくてもすぐに使用できるのが魅力です。
電気シェーバーを使用する時は、力が入りすぎないように注意をして、剃り残しがないように丁寧にシェービングをしておきましょう。
脱毛をする前日か2日前に、2㎜ぐらいの長さにしておくことで、脱毛効果を高めることができます。

脇やVIOの処理は脱毛器を使用する直前がおすすめ

脇やデリケートゾーンは、毛が太くて固く、毛が密集しているのが特徴です。脚や腕などの部位に比べると、毛周期のサイクルが早いのが特徴です。家庭用脱毛器を使用する前は、電気シェーバーを使ってむだ毛を短くしておくことが大事です。脇やデリケートゾーンなどのむだ毛は、ケノンの脱毛器を使用する直前に処理をしておくと良いでしょう。

脇やVIOの毛は太いので、ケノンの脱毛器の光が当たると反応しやすいです。このため照射された光が毛根に届く前に肌表面の太い毛にあたって、肝心の毛根まで届かなくなる恐れがあります。このため、せっかくの効果が得られにくくなりやすいです。

電気シェーバーはカミソリと違って、数日前に自己処理をしても、毛がすぐに伸びてきやすいです。脇やデリケートゾーンは、剃り残しがあると脱毛効果がなくなりやすいです。自宅で自己処理をする時は、剃り残しがないように丁寧に行うことが大事です。

脇やデリケートゾーンは、他の部位に比べると毛が密集しており、太くて固く、毛周期のサイクルが早い傾向があります。
脚や腕の場合は、2、3日前から自己処理をしても問題ないですが、脇やデリケートゾーンの自己処理は、なるべく直前にするのがポイントです。
皮膚が薄くて弱い部位なので、電気シェーバーを使って前日にシェービングをしておくと良いでしょう。
IラインやOラインの黒ずみが濃い場合は、フラッシュを照射すると火傷をしたり、肌荒れがしやすくなるのでケノンで脱毛するのは避けることが大事です。
ビキニラインは軽い程度の黒ずみであれば、問題なく脱毛ができるので、電気シェーバーを使って優しく丁寧にむだ毛を処理しておくと良いでしょう。
脇やデリケートゾーンの自己処理は、毛抜きやカミソリを使わないことが大事です。

腕や脚は使用の2~3日前の処理でも大丈夫

腕や脚のむだ毛は、脇やデリケートゾーンに比べると細くて短いので、毛周期のサイクルもそれほどは早くないのが特徴です。家庭用脱毛器を使用する前に、腕や脚のむだ毛を処理しなければなりませんが、毛周期のサイクルが早くないので、2、3日前に電気シェーバーを使って、むだ毛を短くしておくと良いでしょう。

脚や腕などは、手が届きやすい部位なので、剃り残しが少なくなります。家庭用脱毛器は、むだ毛を短くしておくことでスピーディーで効果的な脱毛ができるのが魅力です。春から真夏の時期は、ノースリーブ、半袖、ミニスカートなどの露出の高い服装をするので、きれいに処理をしておきましょう。

腕や脚のむだ毛は、他の部位に比べると毛量が少なく、毛が細いので脱毛効果が得やすい傾向があります。
思春期の年代は毛周期のサイクルが早いですが、30代以降の年代になると毛周期のサイクルが安定してくるので、腕や脚のむだ毛の自己処理は2日か3日前でも問題ありません。
脇やデリケートゾーンは毛周期のサイクルが早く、脱毛効果が得にくい部位なので、脱毛をする直前にシェービングをする必要があります。

脚や腕などの部位は、毛周期のサイクルが遅いですし、毛が細くて短いのでフラッシュの効果が得やすいのが魅力です。
電気シェーバーを使ってシェービングをしますが、剃り残しがあると脱毛効果が下がってしまうので、時間を掛けて丁寧に行うことが大事です。

関連記事:家庭用脱毛器(ケノン以外も)の使い方のコツ

ケノンの脱毛器の正しい使い方・使用頻度は?

ケノンの脱毛器の正しい使い方・使用頻度は?

ケノンの脱毛器は、優れた家庭用IPL脱毛機器なので、インターネット通販で購入している人が増えています。
最新の機種は美肌効果が高く、以前に比べると脱毛効果が上がっているので、毛周期のサイクルが早い年代の人に人気です。
ケノンの使用頻度はどれぐらいが適切なのか、知っておくことで肌荒れや埋没毛、毛嚢炎などのトラブルを避けることができます。
ケノンの脱毛器は、2種類のカートリッジが付いているので、デリケートゾーンや脇などはストロングカートリッジに交換するのがお勧めです。
ケノンの使用頻度は1週間から2週間ぐらいが適切になっており、脱毛効果が得にくい思春期の年代は1週間から10日に一回程度使用しても問題ありません。
皮膚が弱く敏感な人は、2週間に1回ぐらいの使用がお勧めです。

ケノンでは1~2週間に1回の使用が推奨です

ケノンの脱毛器は、照射レベルが調節しやすく、痛みが少ないです。皮膚への負担が少ないくするためには、正しく使用すると高い脱毛効果を得ることができます。家庭用脱毛器を使用した経験のない人は、どれぐらいの頻度で使用するのが良いか知っておくことが大事です。

脱毛器の種類によっても、多少は違いますが、ケノンの場合は、1週間から2週間に1回の使用を推奨しています。

むだ毛には成長期、退行期、休止期の毛周期サイクルがあります。家庭用脱毛器は、皮膚の表面に出ている成長期の毛しか処理ができません。一定の間隔を空けることで効果的な脱毛ができます。

脱毛器ケノンは、皮膚野メラニンの黒い部分にフラッシュを照射すると、数日後に毛根から毛が抜け落ちてきます。
むだ毛には毛周期のサイクルがあるので、頻繁に使用しても皮膚に負担が掛かってしまい、十分な脱毛効果を得るのは難しいです。
ケノンの脱毛器は、1週間から2週間に1回ぐらいの頻度が適切になっており、毛周期のサイクルが早い人は1週間から10日に1回の使用がお勧めです。
皮膚が弱くて敏感な人、比較的むだ毛が少ない人などは、2週間に1回ぐらいの頻度で使用すると、皮膚への負担が少なくなります。
むだ毛が少なく、毛周期のサイクルが遅い場合は2週間に1回の使用でも、十分な脱毛効果を得られます。
自分の毛質、毛量、肌質に応じて使用頻度を変えると良いでしょう。

関連記事:ケノンの最適な使用頻度は?

ケノンの脱毛器を毎日の使用すると肌の負担が大きい

家庭用脱毛器は、自宅に居ながら毛根からむだ毛を処理できるので、幅広い年代に人気があります。家庭用脱毛器を使用した後は、皮膚が熱を持っており、敏感になるので毎日使用するのは避けることが大事です。

脱毛器の種類によっても、多少は違ってきますが、1週間から2週間に1回使用するのがお勧めです。むだ毛には毛周期のサイクルがあるので、毎日使用しても脱毛効果が上がることはありません。肌荒れや火傷、色素沈着などの原因になるので、毎日使用するのは避けることが大事です。一定の間隔を空けて使用することで、美肌を維持しながら脱毛ができます。

ケノンは10万円以下で購入できますし、仕事や家事、育児などの合間を利用して脱毛ができるので、口コミやレビューでも評価の高い商品です。
脱毛効果を高めるためには、正しい使い方を覚えておくことが大事です。
剛毛で悩んでいる人、普通の毛量よりも多い人は、むだ毛が少ない人に比べると脱毛効果を得にくいので、頻繁に使用している人が少なくありません。
ケノンは光脱毛機器なので、フラッシュを照射すると皮膚が熱を持った状態になっており、脱毛後は皮膚が敏感になっています。
頻繁に使用すると皮膚の赤み、痒み、肌荒れ、ひりひりなどの肌トラブルの原因になるので、頻繁に使用するのは避けることが大事です。
1週間から10日以上は、間隔を空けて使用するようにしましょう。

ケノンの脱毛器は毛周期に合わせて使用すると効果的

むだ毛には毛の成長が活発化している成長期、毛の成長が遅れがちになり、毛が抜けやすくなっている退行期、皮膚の表面に出ていないけれど、毛が成長する準備をしている休止期などがあります。毛周期のサイクルは、多少の個人差がありますが、3週間から4週間ぐらいです。家庭用脱毛器は、成長初期~成長期のむだ毛しか脱毛できません。

毛周期とは

毛根から毛が生え始めて1週間から2週間を過ぎると、皮膚の表面にむだ毛が生えてくるので、定期的に使用することで優れた抑毛、減毛効果が期待できます。若い年代の人は、毛周期のサイクルが早いので、1週間から10日に1回程度使用すると良いでしょう。

むだ毛には成長期、休止期、退行期などの毛周期のサイクルがありますが、皮膚の表面に出ているのは成長期のむだ毛です。
脱毛器ケノンは、皮膚の表面に出ていない毛は処理できないので、成長期のむだ毛だけを脱毛することができます。
むだ毛には毛周期のサイクルがあるので、頻繁に使用しても肌トラブルの原因になってしまい、十分な脱毛効果を得るのは難しいです。
脱毛器ケノンを使用する時は、自分の毛周期のサイクルに合わせて1週間から2週間に1回程度使用することで、皮膚への負担を減らして脱毛効果を高めることができます。
毛周期のサイクルが早い年代の場合でも、1週間から10日ぐらいは間隔を空けるようにしましょう。
エステサロンや美容皮膚科などでも、一定の間隔は空けるのが一般的です。

毛周期・成長期とは?

毛周期の成長期は、毛母細胞、毛包などの働きが活発化しており、毛がどんどん伸びてくる時期です。むだ毛が太くて長いのが特徴です。皮膚の表面に出ているむだ毛です。ケノンの脱毛器は、成長しているむだ毛しか処理ができないので、数回の使用だけでは、十分な脱毛効果を得るのは難しいです。

成長期のむだ毛は、家庭用脱毛器で処理ができるので、1週間から2週間に1回使用することで、少しずつむだ毛が減ってきます。

ケノンなどの家庭用脱毛器は、永久脱毛はできませんが、定期的に使用することでむだ毛が細く、短くなって目立たなくなります。年齢を重ねると、毛周期のサイクルが遅くなってきます。

毛周期・退行期とは?

毛周期の退行期は、むだ毛が抜け落ちる準備をしている状態です。むだ毛はある程度の長さまで、成長をすると退行期に入るので、毛のメラニンが薄くなって、むだ毛が細く、短くなってきます。指でひっぱると容易に抜けることがあります。

退行期の毛にケノンの脱毛器で照射を行っても残念ながらどうせ抜けてしまう毛で、毛根から毛は離れた状態ですので効果はありません。

毛根にダメージを与えることは無いため、休止期に進み、再び毛が生えてくることになります。

毛周期・休止期とは?

毛周期の休止期とは、退行期のむだ毛が抜け落ちている状態で、新しい毛が生えるまでの準備をしている期間です。むだ毛は年齢によっても、サイクルの速度には多少の違いがありますが、10代20代の若い人は、毛周期のサイクルが活発になります。休止期は毛根にむだ毛がない状態です。

早ければ2週間から3週間ぐらい、VIOのように休止期が長い部位だと、1年から1年半が経過するとまたむだ毛が生えてきます。

余談になりますが、医療脱毛などを短期間で行っても、数年するとまた毛が生えてきてしまうのはこの長い休止期間の毛根があるためです。脱毛するのには長期間かけて行わなければならないのはこのためです。

ケノンの脱毛器は継続使用が大事!2~3カ月の使用すると脱毛効果を実感する人が多い

ケノンの脱毛器は、医療機関の業務用脱毛機器に比べると、出力が弱いので使用後すぐに脱毛効果を得るのは難しいです。1週間から2週間に1回使用することで、むだ毛を細くしたり、短くすることができます 。

最初は効果が得られにくくても、数カ月のあいだ継続して使用することで徐々に効果が出てくる人が多いです。比較的むだ毛が少ない人の場合は、2か月から3か月ぐらいで、むだ毛が減ってきて自己処理がとても楽になります。

普通の量よりもむだ毛が多い人、剛毛で悩んでいる人でも、4か月から半年ぐらい使用することで、むだ毛が減ってきて、毛穴が目立たなくなります。ケノンなどの脱毛器では、毛が抜けても照射を継続することが大事です。

剛毛で悩んでいる人、普通の毛量よりも多い場合は、ケノンを使い始めてもすぐには効果を実感するのは難しいです。
脱毛器ケノンは、照射レベルが1から10まで調整ができるので、脱毛したい部位、皮膚の状態、毛質に応じて変えることで脱毛効果を高めることができます。
皮膚が弱くて敏感な場合、皮膚が薄くて弱い部位などは最初は照射レベルを下げておき、少しずつ上げることで少しずつ毛が細くなり、抜けやすくなります。
使い始めてから1か月ぐらいでは、むだ毛があまり減っていないと感じる場合がありますが、2か月から3か月ぐらい続けることで、少しずつむだ毛が減ってきて自己処理が楽になることが多いです。
ケノンの効果が出にくい場合でも、根気よく継続するのがポイントです。

ケノン脱毛器の使用方法

ケノンは本体、ハンドピース、専用カートリッジなどが付いています。
ケノンはカートリッジを付けてから、脱毛する機器なので脱毛したい部位に応じたカートリッジを付けておくと良いでしょう。
ケノン本体の裏側にはコードの差込口があるので、外れないようにしっかりとさしてから、コンセントにスイッチを差し込んでおくことが大事です。
ケノン本体に電源ボタンが付いているので、電源を入れると起動をします。
ケノンは1から10まで照射レベルを調節できますが、皮膚への負担を減らすために、最初は低めにしておき少しずつ上げていくと良いでしょう。
本体の左側に三角ボタンが付いているので、照射レベルを調節しやすいです。
ハンドピースを皮膚に密着させてから、フラッシュを照射すると脱毛できます。

電源を入れてから起動するまで

ケノン脱毛器を使用するには、まず電源プラグをコンセントに差し込みます。

本体の左下に丸い電源ボタンがあるので、短く押すと起動します。

この時に本体のバージョンが表示されます。ケノン脱毛器にはバージョンがあり、最新バージョンは8.5です。バージョンによって使用できるカートリッジが異なるので、間違えたカートリッジを購入しないためにも知っておくとよいでしょう。

ケノンの脱毛器は起動するたびに使用上の注意点が表示されます。注意に目を通したらOKボタンを押すと起動が完了です。

ケノンを正しく使用するために、電源を入れてから起動するまでの手順を覚えておくことが大事です。
シンプルで使いやすい脱毛器なので、手順はすぐに慣れるので大丈夫です。
電源コードを本体の後ろ側の差込口にさしてから、コンセントにスイッチを差し込みます。
コンセントにスイッチを入れたら、本体裏側にスイッチがあるのでオンにしておくと良いでしょう。
ケノンの電源ボタンを押したら、脱毛器が起動しますが、赤いランプが点いて知らせてくれます。
取り扱い説明書に目を通しておいたり、インターネットの動画でケノンの使い方の手順を見ておくとスムーズです。
ケノンは初めて使用する人でも、使いやすい商品なので電源を入れてから、起動するまでの手順は簡単になっています。

起動してから照射するまで

ケノンの脱毛器が起動したら照射を行えるようになります。

この時、各カートリッジの残り使用回数が表示されます。現在のケノンの脱毛器では、初めの照射可能回数は30万発です。しかし、これはレベル1という1番弱い出力での照射レベルでの話です。

照射レベルは初期値は1なので、この強さのまま照射を行ってもあまり多くの脱毛効果はえられません。

左右の矢印のボタンで照射レベルを上げることができるので、自分に合った照射レベルを選択することが大事です。レベルの最大は10ですが、いきなりレベル10まで上げて照射するのは危険です。

最初はレベル3程度で照射を試してみて、痛みを感じるようならレベルを下げ、感じなければ少しずつレベルを上げていくことが大切です。

照射可能な回数は、レベルを上げると少なくなります。特にレベル10などにすると、レベル1での照射回数の半分以下になるため30万発あるからといって永久に照射できるわけではありません。
(とはいえ、数年間はかかる回数はあるので安心してください。)

使用可能回数が0回になった場合は新たなカートリッジを購入する必要があります。
1人で使用している場合は数年間は持つと思いますが、複数人のご家族などと使用している場合には個人ごとにカートリッジを持っている方が安全かもしれません。

ケノンのカートリッジの種類は6種類あり、こちらの記事にまとめています。

関連記事:ケノンのカートリッジの種類、全6種類の違いと対応バージョン

ケノンの本体裏側に差込口があるので、コードをさしてからコンセントにスイッチを入れてから、電源ボタンを入れることで起動します。
ケノン本体の左側に三角のボタンがありますが、上にすると照射レベルが上がりますし、下にすると照射レベルが下がるので調節をすると良いでしょう。
初めて使用する時は照射レベルを低くしておき、皮膚の状態に問題がなければ、少しずつ上げていくと良いでしょう。
ケノンにはハンドピースが付いているので、脱毛したい部位に直角に当てておき、肌に密着させてからフラッシュを照射するのがポイントです。
ケノンのハンドピースは、皮膚に密着していないと脱毛効果を得るのが難しくなります。
起動をしてから照射までの、手順を紹介させて頂きました。

ケノンの脱毛器では照射する前に冷却(付属の保冷剤)が必ず必要

ケノンの脱毛器には標準で保冷剤がついています。ケノンの脱毛器は出力が強いため外部の冷却が必要なためです。保冷剤は冷凍庫で保管しておき、使用する前に取り出します。

照射する部位を決めたら保冷剤で照射部分を10秒以上冷やしてから、ハンドセットを取り出して肌に押し当てます。

照射ボタンを押す前に製品に付属していたサングラスをしていることを確認してください。

非常に強力な光が出るため、サングラス無しで照射をすると目を傷める可能性があります。

準備ができたらハンドセットのボタンを押します。

ピッという音と一緒に光が出れば脱毛成功。

ピピピという音とともに光が出なければ照射されていません。

この時は、ハンドセットが正しく肌でおおわれていることを確認してください。

ケノンの脱毛器には安全装置があり、正しく肌に押し当てていないと光が照射されません。

ケノンの脱毛器は10万円以下の家庭用の商品ですが、優れた脱毛効果が期待できるので、正しい使い方を覚えておくことが大事です。
ケノンを購入した時は専用カートリッジ、付属の保冷剤などが付いています。
ケノンには冷却装置が搭載していないので、痛みを軽減したり、皮膚への負担を減らすために、脱毛前に皮膚を冷やしておくことが大事です。
付属の保冷剤や冷やしたタオルを事前に準備をしておき、しっかりと皮膚を冷やしておきましょう。
ケノンは光脱毛機器なので、フラッシュを照射した直後は皮膚が熱を持っており、普段よりもデリケートな状態です。
そのまま放置をしておくと、肌荒れや皮膚の痒み、赤み、ひりひりなどの原因になってしまいます。
ケノンを使用する前は、冷却をしておきましょう。

ケノンの脱毛器の使用後の片づけ

使用し終わったら、ケノンの脱毛器の電源コードを抜く前に電源を切ってください

本体左手前にある電源ボタンを押して、終了します。

ハンドセットのコードを丁寧に収納して、ふたを閉じます。

最後にコンセントからコードを抜きます。

最初に付属していた紙箱は保存ケースとして使用できるため、捨てずにとっておくのがおすすめです。

ケノンを使用した後は、片付け方法を覚えておくことが大事です。
電源をオフにしてから、本体裏側に付いているメインスイッチをオフにしておきましょう。
ハンドピースを保管することができるので、元の場所に戻しておくと良いでしょう。
ケノン本体は落下したり、衝撃を受けてしまうと壊れてしまうことがあります。
ペットや子供などの手が届かない場所に保管をしておくことで、落下や衝撃などを防ぐことができます。
ケノンを使用した後は電源をオフにしたり、メインスイッチを切っておくことが大事です。
電源コードは元の場所に戻しておき、紛失しないようにしましょう。
ケノンを使用した後は、正しい片付け方法を覚えておくと長く使用することができます。
取り出しやすい場所に保管をしておくと、使用がスムーズです。

ケノンの脱毛器の使い方の注意

ケノンは家庭用の脱毛器ですが、正しい使い方、注意点などを覚えておくことで、皮膚への負担を軽減して高い脱毛効果を得られます。
ケノンを初めて使用する場合は、取り扱い説明書、インターネットの動画などを閲覧しておくと良いでしょう。
ケノン本体に電源を入れると起動をするので、左側の三角ボタンを使って照射レベルを調節することが大事です。
照射レベルが高すぎると、火傷や肌荒れ、黒ずみの原因になるので、最初は低出力にしておき、徐々に上げていくのがポイントです。
ハンドピースは、皮膚に密着していないとフラッシュが反応しにくいので、直角にしてから皮膚に付けて照射するのがポイントです。
使用する前は保冷剤、冷やしたタオルなどで冷やしておきましょう。

ケノンの脱毛器の使い方の注意

事前の自己処理は必ず行いましょう

家庭用脱毛器を使用する前は、事前に電気シェーバーを使ってむだ毛を短くしておくことが大事です。人気のメーカーや機種の家庭用脱毛器は、安全性能に優れており、皮膚に負担が少ないので自己処理をするのに向いています。剃り残しがあると脱毛効果が下がってしまうので、細い部分や狭い部位まで、きちんと処理をしておくのがポイントです。

デリケートゾーンや脇などは、毛が多くて密集している部位ですが、狭くて細い部分が多いので自己処理が難しい部位です。粘膜の部分はマスキングテープなどを、貼ってから自己処理をするのがお勧めです。2㎜ぐらいの長さにしておくと良いでしょう。

脱毛器のケノンを使用する時は、必ず電気シェーバーを使ってシェービングをしておきましょう。
むだ毛が長いまま、フラッシュを照射すると火傷や肌荒れなどの原因になりますし、十分な脱毛効果を得るのが難しいです。
自宅で自己処理をする時は、毛抜きやカミソリの使用は避ける必要があります。
毛抜きやカミソリは安価で購入できますが、引っ張る時に皮膚を傷めてしまったり、怪我をしてしまうことがあるので避けることが大事です。
毛抜きは毛嚢炎や埋没毛などの原因になるので、絶対に使わないようにしましょう。
一般的な電気シェーバーは、深剃りタイプとは違って皮膚への負担が少なく、すぐに使用できるのでお勧めです。
人気のメーカーの機種は、安全性に優れており、スピーディーに自己処理ができます。

出力レベルは段階的に上げましょう

家庭用脱毛器は5段階、7段階、10段階などに照射レベルを調節できるのが特徴です。毛が太くて密集している部位でも、最初から照射レベルを上げると、火傷や肌荒れの原因になってしまいます。最初は低出力で照射をしてから、少しずつ照射レベルを上げていくことで、火傷や肌荒れを防ぐことができます。

機種によっても多少は違っているので、必ず取り扱い説明書に目を通しておくことが大事です。体調が優れない時、生理の前後などは皮膚が敏感になっているので、家庭用脱毛器は使用しないことが大事です。少しずつ出力を上げることで、脱毛効果を高めることができます。

ケノンは正しく使用しないと、肌荒れや色素沈着などの原因になるので、取り扱い説明書にきちんと目を通してから使用することが大事です。
公式サイトでも正しい使い方が記載されているので、チェックをしておくと安全に使用することができます。
ケノンは1から10まで照射レベルを調節できますが、最初から高出力で照射をしてしまうと、火傷やひぶくれ、黒ずみなどの原因になるので注意が必要です。
初めて使用する場合は一番低い照射レベルから始めて、皮膚に赤みや痒みなどが出ない場合は、少しずつ照射レベルを上げていくと良いでしょう。
脚や腕などの毛が細くて少ない部位は、照射レベルが低くても、脱毛効果が実感しやすいです。
皮膚の赤み、ひりひりする場合は照射レベルが高すぎるので注意しましょう。

照射の前後でしっかり冷却しましょう

家庭用脱毛器は、正しく使用しないと肌荒れや痒み、赤み、色素沈着の原因になります。剛毛で悩んでいる人、男性の髭脱毛などは、痛みを強く感じることがあります。家庭用脱毛器を使用する前に、保冷剤、冷やしたタオルなどを準備して、皮膚が冷たくなるまで冷やしておくと痛みが少なくなります。脱毛後は皮膚が熱を持っており、乾燥しやすくなっています。

脱毛後も冷却をしてクールダウンをすることで、肌トラブルを防ぐことができます。家庭用脱毛器を選ぶ時は、冷却機能が搭載している商品を選んでおくと、クールダウンがしやすくなるので便利です。

ケノンの脱毛器は、照射レベルを調節しやすく、美肌効果の高い脱毛ができる商品です。
高性能で実用性に優れていますが、冷却装置を搭載していないので不便さを感じることがあります。
ケノンを使用する前に、保冷剤や冷やしたタオルなどを準備しておきましょう。
脇やデリケートゾーンなどの、毛が密集している部位は痛みを強く感じる場合があるので、脱毛前にしっかりと冷却をすることで痛みを軽減したり、肌トラブルを防ぐことができます。
他の部位を脱毛する場合でも、使用前と使用後にしっかりと冷却をすることで、皮膚の赤みを防いだり、ひりひりしたり、肌荒れをするのを防ぐ効果があります。
フラッシュを照射した後は、皮膚が敏感になっているので当日はシャワーだけにしたり、激しい運動は控えるようにしましょう。

照射後はしっかり保湿しましょう

家庭用脱毛器を使用した後は、皮膚が普段よりも敏感になっており、肌荒れがしやすい状態です。乾燥肌の人は、普通肌の人に比べると肌荒れがしやすい傾向があります。家庭用脱毛器を使用した後は、保湿、美容成分が豊富に含まれている基礎化粧品を使って、スキンケアをしておくことが大事です。

脱毛をした当日は、激しい運動や入浴などは避けて、シャワーだけにしておくことが大事です。皮膚の赤みや痒みなどが発生した時は、使用を中断して皮膚科で診察、治療を受けるのがお勧めです。事前に二の腕などでパッチテストをしてから、使用するのがお勧めです。

ケノンの脱毛器は、間違った使い方をすると十分な脱毛効果が得られず、火傷や肌荒れの原因になるので取り扱い説明書を必ず読んでおくことが大事です。
ケノンはIPL脱毛機器なので、従来の光脱毛機器に比べると皮膚に負担が少ないですが、フラッシュを照射した後は皮膚が熱を持っており、とても敏感になっています。
ケノンを使って脱毛をする時は、使用前と使用後にしっかりと保冷剤を使って冷やしておくと良いでしょう。
しっかりと冷却をすることで、皮膚の赤み、痒みなどを防ぐことができます。
乾燥肌、敏感肌の人は普通肌よりも、肌トラブルが発生しやすいので、保湿効果の高い基礎化粧品を使ってスキンケアをしておきましょう。
無添加で安全性の高いクリームなどを使用するのがお勧めです。

生理前など肌が不安定な時の使用は控えましょう

女性は男性に比べるとホルモンの影響を受けやすく、生理前は腹痛や下痢、乳房のはり、イライラ、不安感などが強くなり、体調が優れないことが多いです。生理前は、黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が活発なので、普段よりも皮膚が乾燥しやすく、肌荒れがしやすくなっています。

家庭用脱毛器は、生理前などの体調が優れない時は、肌トラブルの原因になるので使用しないことが大事です。生理が終わって、エストロゲンの分泌が活発になると、肌荒れがしにくくなります。生理前や生理中は、家庭用脱毛器を使用すると、皮膚の赤みや痒みが強くなるので避けたほうが無難です。

女性は男性とは違って、卵巣や子宮などの大切な臓器があり、エストロゲン、プロゲステロンの2種類の女性ホルモンの影響を受けています。
生理前や生理中はプロゲステロンの分泌が活発になっており、月経前症候群などで体調が優れず、普段よりも肌が敏感になっており、肌荒れがしやすい傾向があります。
生理前は腹痛や頭痛、吐き気、乳房のはり、倦怠感などの不調が出やすく、皮膚が敏感になっているので脱毛に適した時期ではありません。
肌トラブルを避けるために、生理前、生理中は脱毛器のケノンの使用は避けることが大事です。
生理が終わるとエストロゲンの分泌量が増えてくるので、お肌の調子が良くなってきます。
女性の場合は月経周期のサイクルに応じて、脱毛器のケノンを使用することが大事です。

使用可能な部位を守りましょう(ケノンは粘膜への照射はNG)

デリケートゾーンは、毛が密集している部位なので、蒸れや臭いなどで悩んでいる人が少なくありません。VIO脱毛をすることで、むだ毛を減らして清潔を保つことができます。家庭用脱毛器で、VIO脱毛をする時はいくつかの注意点があります。IラインやOラインなどの粘膜の部分は、照射をすることが出来ないので注意をしましょう。

事前にテーピングに使用するサージカルテープなどを貼っておくことで、粘膜に照射をするのを防ぐことができます。デリケートゾーンは、複雑な構造になっているので丁寧に行うことが大事です。家庭用脱毛器を使用する時は、同じ場所に続けて照射しないように気を付けて下さい。

関連記事:ケノンの脱毛器でVIO脱毛を行うには

ケノンの脱毛器は、基本的な体の部位は脱毛できますが、フラッシュが照射できない部位があるので覚えておくと良いでしょう。
デリケートゾーンのIライン、Oラインは、性器周辺、肛門アナル周辺の部位なので、皮膚が薄くて弱い部位ですし、粘膜があるので注意が必要です。
比較的黒ずみが少ない場合は、IラインやOラインの使用は可能ですが、粘膜の部分は照射が出来ないので絆創膏やサージカルテープなどを貼っておき、保護をしておくことが大事です。
照射レベルを下げておき、粘膜の部位に照射をしないようにしましょう。
IラインやOラインの黒ずみが濃い場合は、火傷や火ぶくれの原因になるので使用しないことが大事です。
ビキニラインだけ脱毛をしたり、デリケートゾーンだけ医療機関、エステサロンで施術を受けるのがお勧めです。

ケノンの脱毛器の使い方のコツまとめ

ケノンの家庭用脱毛器は、IPLによる光脱毛を行う機械です。安全性は高いものの、正しく使用しないとやけどや肌荒れ、色素沈着などの原因になります。安全で効果的な脱毛をするために、取り扱い説明書にきちんと目を通しておくことが大事です。

むだ毛には毛周期のサイクルがあるので、家庭用脱毛器は1週間から、2週間に1回程度使用することが大事です。毎日使用しても脱毛効果は上がりませんし、肌トラブルの原因になるので避けて下さい。ケノンの家庭用脱毛器は、継続して使用することでむだ毛を減らして、毎日のお手入れがとても楽になります。

ケノンの脱毛器は正しい使い方や注意点などを、しっかりと覚えてから使用することが大事です。
むだ毛が長い状態でフラッシュを照射すると、火傷の原因になったり、十分な脱毛効果が得られないので電気シェーバーを使って2㎜ぐらいの長さにしておくと良いでしょう。
最初から高い照射レベルで使用すると、火傷や肌荒れ、色素沈着などの原因になるので、段階別に上げていくのがお勧めです。
皮膚がひりひりしたり、赤みが出ていると、照射レベルが高すぎる可能性があります。
使用前と使用後は、しっかりと冷却をしておき、保湿効果の高いクリームなどでスキンケアをしましょう。
女性はホルモンの影響を受けやすいので、生理前、生理中などの体調が良くない時は、肌トラブルの原因になるので避けることが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました