【ケノンはやけどする?】シミやほくろに照射しても大丈夫なの?不安と解決法

脱毛

ケノンの家庭用脱毛器を使いたいけれども、自分で照射するときにお肌のシミやほくろが心配だという方はとても多いです。
この時にどうすべきか公式サイトや口コミの情報をまとめました。
使用上の注意を間違えると強い痛みを感じたり肌にダメージを与える恐れもあるのでくれぐれも気を付けましょう。
そうすると、ほくろが多いから無理じゃないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、対処法はありますので安心して下さい。

関連記事:ケノン脱毛器の口コミ

【ケノンはやけどしない?】ケノンにシミ照射した口コミ「ケノンの脱毛器を使ったら悪化しない?」→「シミが薄くなった」

私は薄いシミがかなりあるけど、ケノンの脱毛器を使ったら悪化しないかどうか心配でした。でも調べてみたらケノンの脱毛器はシミを徐々に薄くする効果があることが分かったんです。
顔に出てきたうっすらとシミでも、半年ぐらい脱毛器として使用していると徐々に薄くなったというネットの書き込みもあって、これなら安心して購入できると思いました。
怖かったので最初は恐る恐る10段階あるレベルの3程度で照射していました。
結果的に半年間使用したところ、少しシミが薄くなり、目立たなくなった気がしました。
シミ自体を取り除くほどの効果は無かったのですが、産毛も気になりにくくなって嬉しかったです。

ケノンの家庭用脱毛器は、スキンケアカートリッジと交換をすることで美顔器として使用できます。
公式サイトではしみやそばかすを薄くする効果は、記載されていませんが、美顔器として使用することで皮膚のくすみ、しみなどが薄くなることがあります。
ケノンを美顔器として使用することで、お肌に透明感が出てきてくすみが目立たなくなります。

【ケノンはやけどしない?】通常のシミは大丈夫。スキンケアカートリッジを使用すると美顔器としても使用できる。

ケノンの脱毛器は、カートリッジを交換することで美顔器として使用することができます。
通常付属するカートリッジを別売のスキンケアカートリッジに交換するだけです。
スキンケアカートリッジの値段は7,997円で販売されています。
ケノンの脱毛器本体が69,800円ですので、本体のわずか1割ほどの値段で美顔器としても使用できるなんてお得です。
美顔器として使用する場合の効果は病院での染み抜きのように強いものではないのですが、刺激を感じやすい顔面の脱毛を行えるのは嬉しいし、産毛にも効果を感じられました。

ケノンのスキンケアカートリッジは、照射レベルを調節しやすいので、美顔器として使用することで皮膚にハリや弾力を与えたり、くすみを改善する働きがあります。
公式サイトではしみやそばかすの効能は記載されていませんが、通常のしみやそばかすには光を照射することができます。
産毛が目立たなくなって、透明感のある素肌になれるのが魅力です。

関連記事:ケノンの脱毛器を美顔器として使用するには?

ケノンのシミへの照射1・顔以外の薄いシミも徐々に薄くなることも

ケノンの脱毛器は、別売のスキンケアカートリッジを購入することで美顔器としても使えます。

私は腕などにもシミがあるのが気になっていたのですが、こちらは通常カートリッジのままで脱毛を行っていました。
私の使っている限り刺激を感じることは無かったのですが半年程度使用しただけでは脱毛の効果はあったものの、シミが薄くなったとは感じませんでした。
でも、久しぶりに会った友達に、シミが薄くなったねと言われて驚きました。
あまりにも徐々にしか変化が無かったので自分で気が付かなかっただけだったようです。
私自身もスキンケアカートリッジを使っている部分でもなかったので期待はしていなかったのですが嬉しい誤算でした。

加齢や強い紫外線の影響で、顔だけでなく、腕などの体の部位にしみが出来てしまうことがあります。
通常のしみの場合は、ケノンのフラッシュを照射しても問題ないので、照射レベルを調整すると脱毛ができるので便利です。
脱毛器として使用する場合は、しみは薄くならないと思っていたので、友人にしみが目立たなくなったと言われて嬉しくなりました。

ケノンのシミへの照射2・スキンケアカートリッジは細かい部分を照射するのにも便利

私の場合は、スキンケアカートリッジは細かい部分を照射するのにも便利でした。
ケノンの標準カートリッジは照射範囲がピタッとあってないと照射を行うことができません。
ひじの関節部分や指が細すぎて標準カートリッジだとなかなか照射できないことがあったのですが、スキンケアカートリッジを使用することで照射できるようになりました。
顔の部分のスキンケアとあわせて、標準カートリッジが苦手とする部分も一緒に脱毛できるのは本当に便利です。

私は毛深いタイプなのですが、VIO部分については威力がストロングカートリッジも使用しました。
しかし、黒ずみの部分があって心配な部分はスキンケアカートリッジを使用することで刺激を与えないようにしています。

内部リンク:全6種類・ケノンのカートリッジの種類

ケノンのシミへの照射3・とても色の濃いシミは加熱する恐れがあるので使用してはいけない

ホクロと同じぐらい濃いシミがある場合はケノンの脱毛器で脱毛してはダメです。
強い痛みを感じたり、最悪の場合、やけどをしてしまうかもしれません。
公式サイトにも書いてあることですが、下に出てくるホクロと一緒で照射を避けた方が安全です。
でも、安心してください。どこの薬局でもだいたい売っている肌色のサージカルテープを使用することで回避することができます。

顔や体の部位に濃いしみがある場合は、火傷をする可能性があるので、しみの部分にはフラッシュを照射しないようにしましょう。
肌トラブルを避けるために、照射レベルを下げたり、肌色のサージカルテープをしみの部分に貼ってから、光を照射すると良いでしょう。
肌色のサージカルテープは、ドラッグストア、薬局などで販売されているので自宅に常備しておくと便利です。

【ケノンはやけどしない?】ホクロに照射しても大丈夫?

私もホクロが多い方なんですが、ほくろがある部位にそのまま照射しても大丈夫でしょうか?
結論から言うと大丈夫ではありません。
公式サイトではホクロにそのまま使うのは禁止されていますので、照射しないようにしましょう。
でも、ぽつぽつあるホクロを全部避けたら照射ができなくなってしまいます。
その場合の対処法についてまとめました。

【ケノンはやけどしない?】ホクロへの照射1・やけど、痛みなどがあるから使用してはいけない

公式サイトではホクロにそのまま使うのは禁止されていますので、照射しないようにしましょう。
どの程度離せばよいのかとか、ほくろの周りの毛にはどうするのかなど、気になりますよね。

ほくろはメラニンが多いので、ケノンのフラッシュを照射すると火傷をしたり、かさぶたになってしまうことがあるので直接照射をしないことが大事です。
ほくろが多い部位を脱毛したい場合は、絆創膏や肌色のサージカルテープなどを貼ってから、照射レベルを下げて照射をすると良いでしょう。
ほくろが集まっている部位を脱毛したい場合は、コンシーラーを塗っておくことで皮膚を保護します。

ほくろにフラッシュを照射すると、皮膚がひりひりしたり、強い痛みを感じることがあります。
ほくろはメラニンが密集しているので、フラッシュを照射すると火傷や火ぶくれになることがあるので、直接照射をしないようにしましょう。
ケノンの家庭用脱毛器は、ほくろの部分はサージカルテープ、絆創膏で保護してから、少し離して照射レベルを下げることが大事です。
ほくろから毛が生えている場合は、電気シェーバーで脱毛すると良いでしょう。

【ケノンはやけどしない?】ホクロへの照射2・サージカルテープなどで目隠しして照射できる

でも、濃いシミと同じく、どこの薬局でも売られている肌色のサージカルテープを使用することで回避することができます。
これだと安心ですよね。

ケノンは家庭用光脱毛機器なので、皮膚のメラニンの黒い部分に反応して脱毛をする仕組みです。
通常の小さいしみの場合は照射しても問題ないですが、ほくろにフラッシュを照射すると、火傷の原因になったり、強い痛みを感じることがあります。
ほくろのある部位を脱毛したい場合は、肌色のサージカルテープや絆創膏を貼っておくことで、ほくろに照射するのを避けることが可能です。

【ケノンはやけどしない?】ホクロへの照射3・誤ってホクロに照射した場合は直ちに冷却して避ける

誤ってホクロに照射してしまった場合、強い刺激を感じることがあります。その場合は直ちにケノンの脱毛器に付属の保冷剤や水道、氷などで冷却しましょう。
それから数日間は、脱毛を含めて、日に当てたり刺激を与えないように特に注意が必要です。
私も誤照射してしまったことはあるのですが、特に刺激は感じなかったものの、付属の保冷剤で冷やして10日程度は刺激を与えないように注意して過ごしました。
数日たっても痛みが治まらない場合は病院を受診されることも検討してください。


ほくろの多い部位を脱毛したい場合は、事前にサージカルテープ、絆創膏、コンシーラーなどで保護をしておくことが大事です。
うっかりほくろに光を照射した時は、強い痛みを感じることがあるので、すぐに保冷剤や水道水、氷などで冷やすようにしましょう。
ほくろはメラニンの塊なので火傷をしたり、肌トラブルの原因になりますが、皮膚の状態が良くならない時は皮膚科で治療を受けることが大事です。
診察をしてから、皮膚の状態に応じた薬を処方してくれます。

【ケノンでやけどしないため】使い方や照射レベルの使い分けが大事

ケノンの家庭用脱毛器は、正しく使用すると優れた効果が期待できますが、間違った使い方をすると火傷や火ぶくれ、痛みなどの原因になってしまいます。
小さいしみの場合は直接フラッシュを照射しても、問題ないですが、濃いしみやほくろのある部位は火傷やかさぶたになることがあるので、照射をするのは禁止です。
公式サイト、取り扱い説明書にきちんと目を通してから、正しく使用することでニキビ跡や毛穴の黒ずみを目立たなくしたり、皮膚が赤くなったり、痒くなるのを防げます。
火傷を予防するためには、ほくろや濃いしみのある部位はサージカルテープ、絆創膏などを使って保護すると良いでしょう。
ほくろが密集している部位は、コンシーラーを塗っておくと保護できます。

ケノンのシミへ使い方1・照射レベルは部位ごとに調整する

ケノンの家庭用脱毛器は、美顔器の機能を搭載しているので、美肌を維持しながら脱毛ができるのが魅力です。
顔は皮膚が薄くて弱い部位なので、照射レベルを下げておくことで肌荒れや火傷を防ぐことができます。
皮膚が厚くて固い部位は、照射レベルを上げることで毛穴の黒ずみ、くすみなどを改善しやすいです。
美顔器として使用する場合は、スキンケアカートリッジに交換すると、照射レベルを細かく設定できるのが魅力と言えます。
皮膚が薄くて弱い部位は、フラッシュを照射してからしっかりと冷却をすると良いでしょう。
ケノンの家庭用脱毛器は、冷却機能は搭載していないので保冷剤や冷やしたタオルを用意しておくことが大事です。
皮膚が敏感になっている時は、使用しないほうが良いでしょう。

ケノンのシミへ使い方2・正しい手順:顔は強く照射しない

ケノンは口コミやレビューでも評価の高い商品なので、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビ跡で悩んでいる人は、スキンケアカートリッジに換えることで自宅でお手入れができます。
ケノンは安全性に優れていますが、美顔器として使用する場合はいくつかの注意点があります。
濃いしみやほくろのある部位は、基本的には照射ができないので、肌色サージカルテープ、絆創膏などを貼っておくと良いでしょう。
顔のスキンケアをする時は、皮膚が薄くて弱い部位なので最初は照射レベルを低くしたり、保冷剤や冷やしたタオルなどで照射をした後に冷却をしておくと良いでしょう。
ケノンのスキンケアカートリッジは、段階別に調節ができるので、顔にフラッシュを照射することで、ニキビ跡、毛穴の黒ずみを改善します。

ケノンのシミへ使い方3・注意点:肌が荒れている場所には照射しない

ケノンの家庭用脱毛器は、専用のスキンケアカートリッジに交換をすることで、自宅でスキンケアができる商品です。
顔などの皮膚が薄くて弱い部位は、照射レベルを上げてしまうと痛みを感じたり、火傷の原因になるので注意が必要になってきます。
皮膚が弱い人は必ずパッチテストを行ってから、使用すると皮膚の痒み、肌荒れを防ぐことが可能です。
人間の皮膚は大変デリケートなので、生理前や生理中、季節の変わり目は肌荒れがしやすい傾向があります。
皮膚に湿疹などの異常が見られる場合は、肌トラブルの原因になるので使用しないことが大事です。
基本的には敏感肌の人も使用できますが、肌荒れがひどい場合は皮膚の状態が良くなってから使用すると良いでしょう。

【ケノンはやけどしない?】美顔器として使用するにはスキンケアカートリッジを装着

ケノンの家庭用脱毛器は、脱毛器、美顔器としても使用できますし、本体価格が10万円以下なので購入しやすいのが魅力です。
美顔器として使用する場合は、専用のスキンケアカートリッジを装着させる必要があります。
洗顔やクレンジングをして、清潔になった皮膚に照射レベルを設定してから、冷却と照射を繰り返すことで自宅でホームケアができます。
ケノンの家庭用脱毛器は、公式サイトではしみやそばかすを薄くする効果は書いていませんが、ニキビ跡や毛穴の黒ずみ、開きなどを改善する働きがあります。
ケノンの家庭用脱毛器は、正しく使用することで皮膚にハリや弾力を与えたり、くすみや黒ずみを改善して透明感のある素肌になれるのが魅力です。
空いた時間を利用して自宅でお手入れができます。

ケノンの美顔器1・ほうれい線やたるみの部位の照射

ケノンはフォトフェイシャルの機能を搭載しているので、ほうれい線やたるみなどを改善する効果があります。
ケノンはしみやたるみの気になる部位に、フラッシュを照射することでコラーゲンの生成を促進するのが特徴です。
顔の皮膚は弱くて敏感な部位なので、最初は照射レベルを下げておくのがポイントです。
ケノンは照射レベルを調節できるので、皮膚が弱く敏感な人でも安心して使用できます。
皮膚が弱い人は事前にパッチテストをしておくと良いでしょう。
加齢や紫外線の影響で皮膚のたるみ、ほうれい線が出来やすくなるので、エステサロンに通う時間がない場合はケノンの美顔器を使用すると良いでしょう。
週に1回から10日に1回程度使用することで、皮膚にハリや弾力を与えてくれます。

ケノンの美顔器2・黒ずみやイチゴ鼻の照射

ケノンは優れたIPL脱毛機器なので、毛穴の黒ずみ、いちご鼻を改善する効果があります。
美顔器として使用する場合は、スキンケアカートリッジに交換をすることで、黒ずみやいちご鼻が気になる部分に光を照射することが可能です。
黒ずみは皮脂や汗などが詰まっていたり、色素沈着を起こしている状態ですが、ケノンのスキンケアカートリッジを使って照射をすることで、メラニン色素に働き掛けてくれます。
メラニン色素に働き掛けるので、根気よく使用することで少しずつ黒ずみ、皮膚のくすみ、いちご鼻を改善します。
1週間から10日に1回程度使用することで、皮膚のターンオーバーを促進します。
人間の皮膚は28日から40日ぐらいでターンオーバーをしているので、少しずつ皮膚の状態が良くなります。

ケノンの美顔器3・照射レベルや冷却についての注意

ケノンは安全性に優れており、美肌効果の高い商品ですが、美顔器として使用する場合はいくつかの注意点があります。
顔は皮膚が薄くて弱い部位なので、皮膚の状態に応じて照射レベルを調節することが大事です。
顔の場合は最初は1から3ぐらいの照射レベルにしておくことで、火傷や肌荒れ、皮膚の痒みなどのトラブルを避けることができます。
ケノンの美顔カートリッジは、段階別に照射レベルを調整できますし、照射をする前にピッピと鳴って知らせてくれるので安全性に優れているのが特徴です。
ほくろや濃いしみには、フラッシュは照射できないので、うっかりフラッシュを照射した時は、すぐに保冷剤や水道水、氷などで冷やすようにしましょう。
皮膚の痒み、赤みが気になる場合は、皮膚科で診察を受けることが大事です。

【ケノンのシミ】シミが薄くなる仕組み

ケノンは脱毛器、美顔器としても使用できる商品なので、むだ毛を目立たなくして、美肌効果が高いのが特徴です。
加齢や紫外線、ホルモンバランスの乱れなどが原因で、20代後半を過ぎると少しずつしみが増えてきます。
ケノンはしみを薄くすることができるか、知っておきたい人が多いです。
ケノンはIPL脱毛機器なので、メラニンの黒い部分に反応するため、定期的に使用することで薄くなることがあります。
自分ではあまり効果がないと感じていても、友人や知人、家族からしみが薄くなったと言われた経験のある人が多いです。
ケノンは小さいしみやそばかすには、フラッシュを照射することができるので、美肌効果が得られる場合があります。
しみを無くすのは難しいですが、根気よく使用することで薄くなることがあります。

ケノンのシミやホクロに関するよくある質問:Q&A

ケノンは脱毛器、美顔器の役割をしている家庭用の商品ですが、大きなしみやほくろがある場合は、使用しても問題ないのか知りたい人が多いです。
ケノンは美顔器として使用する場合は、専用のスキンケアカートリッジに交換する必要があります。
ケノンのフラッシュはメラニンに反応をしてしまうので、大きなしみ、濃いしみ、ほくろなどに照射することができません。
直接照射をしてしまうと、火傷や火ぶくれ、かさぶたなどの原因になってしまうので、ケノンを使用する前に肌色のサージカルテープ、絆創膏などを貼っておくと良いでしょう。
ほくろやしみが多い部分は、コンシーラーを塗っておくことで肌トラブルを防げます。
口コミやレビューでも評価が高い商品ですが、ほくろやしみのある部位は注意しましょう。

ケノンのシミについての考察を書いているブログってある?

ケノンの家庭用脱毛器を購入する前に、しみについて記載されているブログがあれば、閲覧をしてみたい人が増えています。
ケノンの家庭用脱毛器は、公式サイトではしみを薄くする効果は記載されていませんが、ブログでは根気よく続けているとしみが薄くなった経験のある人が多いです。
ケノンを使い始めてから、数か月を経過してからの顔写真なども掲載されているので、どれぐらいの効果があるのか実感しやすくなります。
1人1人肌質や年齢、効果なども違ってくるので、一概に効果があるとは言えませんが、3か月から6か月ぐらい使っているとしみが薄くなったと感じている人が存在します。
家庭用脱毛器は、美容外科のレーザー治療のような即効性はないので理解しておきましょう。

ケノン美顔カートリッジでシミは消える?

ケノンを使ってみたいけれど、美顔カートリッジでしみは薄くなるのか、知りたい人が増えています。
ケノンの公式サイトでは、しみやそばかすを薄くする効果は記載されていませんが、3か月から6か月ぐらい使用すると小さいしみは薄くなったと感じることが多いです。
ケノンはメラニンに反応してしまうので、濃いしみやほくろには直接照射をすることが出来ません。
濃いしみやほくろにフラッシュを照射すると、火傷やかさぶたの原因になったり、強い痛みを伴う可能性があるので絶対に使用しないことが大事です。
濃いしみ、ほくろなどがある部位は、肌色のサージカルテープ、絆創膏などで保護しておきましょう。
小さいしみには照射しても良いですが、美容皮膚科のレーザー治療のような効果はありません。

【ケノンのシミ】まとめ

ケノンは優れた家庭用脱毛器なので、安全性に優れており、正しく使用することでほうれい線やたるみを改善したり、いちご鼻、毛穴の黒ずみを改善しやすくなります。
ケノンは公式サイトでは、しみやそばかすを薄くする効果は記載されていませんが、いちご鼻、黒ずみ、くすみ、ほうれい線、たるみなどの改善効果が書かれています。
顔の皮膚は大変デリケートな部位なので、最初は照射レベルを下げておくことで、コラーゲンの生成を促進したり、皮膚のターンオーバーを促進することができます。
火傷や火ぶくれなどを防ぐことができるので、少しずつ照射レベルを上げるのがお勧めです。
ほくろや濃いしみのある部位は、火傷の原因になるので照射をしないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました