【シースリーの解約】脱毛サロンC3の途中解約方法/返金やクーリングオフについて

脱毛

脱毛サロンC3(シースリー)の解約方法まとめ

シースリーの解約方法1・電話

シースリーのお問い合わせ窓口は下記となります。各店舗についてはその下のリンク(公式サイト)をご参照ください。

シースリーのお問合せ電話番号
0800-888-4315

※当日キャンセルなどは下記の電話番号で店舗に直接連絡します。
シースリーの各店舗の電話番号

解約書類に必要事項を記入し返送する

シースリーでは、店頭に足を運ばなくても電話で解約手続きができます。契約している店舗に電話を掛けると、美容スタッフさんが応対をしてくれます。

解約に必要な書類を送ってくれるので、必要事項を記入して郵送をすることで、解約手続きができるので便利です。

シースリーで、全身脱毛プランを契約しているけれど、様々な事情で解約を検討している人が多いです。シースリーでは、迅速で丁寧な応対を心掛けており、無理な引き留めがないのが特徴です。

脱毛サロンより安い全身医療脱毛じぶんクリニック

中途解約清算金計算書も同封されている

シースリーでは店頭だけでなく、電話でも解約手続きができるので便利です。

全身脱毛プランを契約している人は、消化していない回数が残っている場合は、返金に対応をしてくれます。シースリーでは、解約に必要な書類を返送すると、後日郵送で書類を届けてもらえます。
中途解約清算金計算書も同封されているので、どれぐらいのお金が戻ってくるか、確認をすることができます。シースリーでは、一定の条件を満たしている場合は返金に対応をしています。

電話での解約のメリット・店舗に出向く手間がない

シースリーでは、電話で解約手続きができるので、仕事や家事、育児などで忙しい人には利便性が高いです。店頭に足を運ぶ必要がないので、電話で予約を入れておく必要がありません。

契約している店舗に電話を掛けると、解約したい理由は必ず尋ねていますが、無理な引き留めなどはなく、解約手続きに必要な書類を郵送してもらえます。
店頭に行かなくても、解約手続きができるので、やむおえない事情で通院ができなくなった人にお勧めです。

電話での解約のメリット・引き止めに合いにくい

シースリーでは、電話で解約手続きができるので、忙しい人は店頭に足を運ぶ必要がないのが魅力です。
何回か通院をしているけれど、あまり脱毛効果を得られないので、中途解約を考えている人があります。
店頭に行くのは気まずいと感じている人が多いですが、電話のメリットは、美容スタッフさんと直接対面をする必要がないので、引き留めなどにあいにくいのが特徴です。
美容スタッフさんは、業務上の問題で解約したい理由は、必ず聞いていますが、無理に引き留めることはありません。

シースリーの解約方法2・WEB(会員サイト)

シースリーの会員になっている場合は、WEB(会員サイト)から解約手続きができるので、店頭に足を運ぶ必要がありません。

全身脱毛プランを途中解約したい場合は、会員サイトから申し込んでおくと、後日解約手続きに必要な書類を郵送してもらえます。
会員サイトから、解約をしたい場合は申し込んでおくと、後で返信メールを送ってくれます。解約に必要な書類には、必要事項を記入して返送をすることで、スムーズに解約手続きができます。

会員サイトでの解約のメリット1・24時間いつでも受付OK

シースリーでは、店頭に足を運ばなくてもWEBサイトから、途中解約の手続きをすることができます。シースリーの会員になっている場合は、パソコンやスマートフォン、タブレットから、申し込みをすることで解約に必要な書類を郵送してもらえます。
会員サイトを利用すると、24時間いつでも解約の申し込みができるので便利です。
電話の場合は、契約している店舗の営業時間内に連絡をしておく必要があります。電話は繋がりにくいことがあるので会員サイトがお勧めです。

会員サイトでの解約のメリット2・引き止めの煩わしさがない

シースリーでは、会員サイトの場合は24時間いつでも解約の申し込みができるので便利です。

電話の場合は、時間帯によっては繋がりにくいことがあるので、忙しい人は会員サイトを利用すると便利です。会員サイトで途中解約をするメリットは、店頭とは違って無理な引き留めなどがない点です。

様々な事情で途中解約をしたい人が多いですが、店頭に行くと気まずいと感じる人にお勧めです。会員サイトから手続きをすると、迅速で丁寧な応対です。

シースリーの解約方法3・店頭

店頭での解約のメリット・迅速に解約手続きが完了する

シースリーでは、途中解約を検討している場合は、店頭で解約手続きを行っています。
店頭で解約手続きをするメリットは、お店に解約に必要な書類が常備しているので、迅速で丁寧な応対ができることです。

全身脱毛回数パックプラン、全身脱毛無制限プランは、一定期間を過ぎると返金ができなくなるので、早めに手続きをしたい場合は店頭に足を運ぶのがお勧めです。
美容スタッフさんは、解約したい理由は尋ねていますが、すぐに対応をしてくれるので安心です。

店頭での解約のデメリット1・気まずい

シースリーの店頭で解約手続きをするメリットは、美容スタッフさんが迅速で丁寧な応対を心掛けているので、手続きがスムーズに進む点です。

店頭で解約するデメリットは、美容スタッフさんと直接対面する必要があるので、脱毛効果が得られない、経済的な事情で通院ができなくなった時は、気まずいと感じることがあります。
店頭で美容スタッフさんと対面するのは、抵抗を感じる場合は、電話や会員サイトから解約手続きができるので連絡をしてみると良いでしょう。

店頭での解約のデメリット2・解約の予約を入れるのが手間

シースリーでは、店頭で解約手続きをする時は、事前に電話で連絡をして、希望の日時を予約しておく必要があります。

店頭で解約手続きをする前に、電話で予約を入れておく必要があるので、面倒だと感じる人が多いです。
店頭では、解約に必要な書類などが準備されているので、手続きはスムーズですが、電話で予約を入れておく必要があります。
店頭で途中解約をする時は、メリットとデメリットがあるので理解をしておきましょう。忙しい人は、電話や公式サイトから解約手続きができます。

店頭での解約のデメリット3・引き止めにあう可能性がある

シースリーでは、何らかの事情で通院ができなくなった時は、途中解約の手続きをする必要があります。

店頭で途中解約をするデメリットは、美容スタッフさんと直接対面して手続きを行う必要があります。

美容スタッフさんは、強引な引き留めはしないですが、解約したい理由によっては、引き留めされる可能性があります。

シースリーは、口コミでも評価の高い脱毛サロンなので、無理な引き留めはないですが、解約したい理由は必ず聞いてくるのできちんと伝えておきましょう。

解約の際の持ち物(店頭での解約の場合)

シースリーの途中解約の返金について/解約手数料や返金の条件

シースリーの途中解約の返金

シースリーの途中解約の返金対象について

プレミアム全身脱毛通い放題プランは4回以上の施術を受けると返金されない

シースリーでは、全身脱毛通い放題プラン、全身脱毛回数パックプランは、一定の条件を満たしていると返金されますが、返金の対象にならないケースがあるので、理解しておくことが大事です。

全身脱毛通い放題プランは、4回の施術を受けた後は、返金の対象にならないので注意が必要です。途中解約を検討している場合は、なるべく3回の施術が終わるまでに、電話や会員サイト、店頭などで解約手続きをしておく必要があります。

全身脱毛通い放題プランは、4回の施術を受けた後は返金されないので損になります。何らかの事情で通院が難しい場合は、早めに美容スタッフさんに連絡しましょう。

全身脱毛6回プランは2回以上の施術を受けると返金されない

シースリーの全身脱毛6回プランは、リーズナブルな料金で脱毛ができるのが魅力です。経済的な事情、妊娠、体調不良などが原因で通院ができなくなることがあります。
全身脱毛6回プランは、2回の通院が終わってしまうと返金されないので注意が必要です。

シースリーでは、途中解約をすると損をすることがあるので、早めに美容スタッフさんに連絡をして、解約手続きをすることが大事です。
全身脱毛6回プランは、何らかの事情で通院ができなくなると、消化していない回数分が損になることがあります。全身脱毛プランを申し込む時は、途中解約のデメリットを理解しておきましょう。

シースリーの返金条件は厳しい!?他のサロンと返金条件を比較

サロン名通い放題プランの返金対象回数
シースリー4回未満
キレイモ18回未満
銀座カラー12回未満
ストラッシュ6回未満
ミュゼ6回未満

シースリーの途中解約の返金額の計算方法

シースリーを解約する場合の返金金額の計算式は、明朗に次の通り決まっています。

「支払った金額-(1回の施術料金×利用回数)-解約手数料」

このため、1回あたりを計算すると次のようになります。

総額(プレミアム全身脱毛通い放題)1回当たりの料金
定価 380,600円95,150円
割引後 280,600円70,150円
施術回数解約手数料返金額
1回20,000円190,450円
2回14,030円126,270円
3回7,015円63,135円
4回目以降なしなし

しかしながら、シースリーの1回の施術料金は、契約プランにより変動します。90,000円~120,000円と高いので、少ない施術回数でも返金対象にならないことも多いです。

このため、安易に解約せずに施術を受け続けた方がお得になるケースが多いです。

シースリーの解約手数料は「未消化分の回数分の金額の10%」/上限額は2万円

シースリーでは、途中解約をしても違約金は発生しませんが、シースリーの解約手数料は未消化分の回数分の金額の10%を支払う必要があります。

全身脱毛通い放題プラン、全身脱毛回数パックプランによっても、解約手数料の金額が違ってきます。

シースリーでは、解約手数料は最大で2万円になっているため、それ以上は請求されることはありません。
途中解約をしたい場合は、一定の条件を満たしている場合は返金に対応をしています。返金額から10パーセントを差し引いた金額を受け取ることができます。

シースリーの中途解約の返金は2~3週間後

シースリーでは、一定の条件を満たしている場合は、消化していない回数の金額を返金してもらえます。

解約手数料が発生するので、返金額から差し引いた金額が戻ってきます。シースリーでは、指定の銀行口座に返金してもらえますが、中途解約の返金は2~3週間後になります。

解約に必要な書類を提出したり、クレジットカード会社、信販会社にも連絡をする必要があります。解約手続きをしてから、指定の銀行口座に返金されるのは、2週間から3週間ぐらい掛かるので、美容スタッフさんから説明があります。

指定口座に振り込まれる

シースリーでは、店頭や電話、会員サイトから途中解約の手続きや申し込みをすることができます。途中解約をするためには、返金してもらうための銀行口座が必要になります。

全身脱毛コースを契約する時は、銀行口座通帳を準備しておくことが大事です。途中解約をするためには、解約に必要な書類を提出したり、クレジットカード会社、信販会社などに連絡を入れておく必要があります。
シースリーでは、2週間から3週間ぐらいは掛かりますが、指定の銀行口座にお金を返金してもらえます。

関連ページ:【シースリーの脱毛料金】C3の全身脱毛プランの総額/脱毛の料金表

シースリーのクーリングオフについて/クーリングオフの条件・やり方

シースリーのクーリングオフ

シースリーのクーリングオフの条件1・契約日を含めて8日以内であること

シースリーでは、全身脱毛通い放題プラン、全身脱毛回数パックプランを解約したい時は、クーリングオフが適用されます。

クーリングオフは、契約をしてから8日以内であれば、解約したい理由に関係なく契約を解除できる方法です。
シースリーの顧客を守るための制度なので、クーリングオフが適用されると、全額返金をしてもらえます。クーリングオフを利用するためには、電話だけでなく、店頭でも手続きをする必要があるので理解しておくことが大事です。

シースリーのクーリングオフの条件2・契約期間が1か月以上であること

シースリーでは、クーリングオフによる契約解除ができますが、一定の条件を満たしている必要があります。

シースリーでは、全身脱毛プランは契約期間が1か月以上であることが、クーリングオフの条件になっています。クーリングオフは、全身脱毛プランを契約してから、8日以内に手続きをする必要があるので、通院ができなくなった時は、早めに電話連絡を入れておく必要があります。
電話で店頭に予約を入れておくことで、クーリングオフに必要な書類を準備してくれます。シースリーでは、全身脱毛プランが1か月未満の場合は、クーリングオフが適用されないので注意が必要です。

シースリーのクーリングオフの条件3・契約金額の総額が5万円以上であること

シースリーでは、全身脱毛プランを契約したけれど、疑問点や不安などがあり、契約解除をしたい人が少なくありません。

シースリーでは、契約をしてから8日以内であれば、クーリングオフによる契約解除ができます。クーリングオフは、解約したい理由に関係なく、契約解除ができる方法です。

シースリーでは、クーリングオフが適用されるためには、一定の条件を満たしている必要があります。全身脱毛コースは、5万円以上であることが条件です。
全身脱毛コースが5万円以下の場合は、クーリングオフによる解約はできないので注意をする必要があります。

クーリングオフは手数料0円で契約解除が可能

シースリーでは全身脱毛プランは、契約期間が1か月以上、総額が5万円以上の場合はクーリングオフが適用されます。

クーリングオフのメリットは、途中解約をする時に比べると解約手数料が発生しない点です。全身脱毛プランを途中解約をすると、消化していない回数の返金額の10パーセントの手数料が発生します。

全身脱毛通い放題プランの場合は、途中解約をすると解約手数料が2万円必要になることが多いです。クーリングオフは、契約してから8日を超えてしまうと無効になるので注意が必要です。
クーリングオフのメリットは、解約手数料が0円です。

クーリングオフをした場合は支払った金額は全額返金される

全身脱毛通い放題プラン、全身脱毛回数パックプランは、現金一括払い、信販会社ローン、クレジットカード払いの場合でも、クーリングオフが適用されると支払いをした金額は、全額返金をしてもらえます。

シースリーでは、一定の条件を満たしている場合は、契約をしてから8日以内であれば、解約したい理由に関係なく契約解除をすることができます。

全身脱毛プランは、クーリングオフが適されると、全額返金をしてもらうことができます。解約手続きをしてから、2週間から3週間ぐらいは掛かりますが、指定の銀行口座に全額入金をしてもらえるので安心です。

クーリングオフを希望する場合はシースリー本社宛てに書面を送付する

シースリーで全身脱毛プランを契約したけれど、経済的な事情、体調不良、転勤などが原因で契約解除をしたい人が少なくありません。

クーリングオフは、契約をしてから8日以内であれば、契約を解除して全額返金してもらうことができます。クーリングオフが適用されると、解約手数料が発生しないのが特徴です。クーリングオフを利用したい場合は、シースリー本社宛てに書面を送付する必要があります。

まずは電話で連絡をしてから、必要書類を郵送してもらい、シースリー本社宛てに書面を送付して、店頭で解約手続きをする必要があります。8日を過ぎると効力が無くなるので、早めに手続きをしましょう。

記載の必要事項

クーリングオフの注意点1・簡易書類で郵送する

シースリーで全身脱毛プランを契約しているけれど、解約を検討している場合は、クーリングオフによる契約解除ができます。一定の条件を満たしている場合は、契約してから8日以内であれば、クーリングオフが適用されるので手数料が0円になり、全額返金してもらえます。

クーリングオフによる契約解除を希望する場合は、簡易郵便で書類を送付しておく必要があります。証拠が残る方法で郵送をすることで、後でトラブルが発生した時に提示することができます。

簡易郵便で郵送する前に、書類をコピーして保管をしておくことが大事です。返金されるまではきちんと保管しておく必要があります。

クーリングオフの注意点2・書面での送付が必須

シースリーの全身脱毛プランの契約を解除したい場合は、クーリングオフを利用するのがお勧めです。クーリングオフは、解約したい理由に関係なく、契約を解除できる方法です。解約手数料が発生せず、全額返金をしてもらえるので途中解約よりもお得です。

クーリングオフを利用するためには、契約している店舗、コールセンターなどに電話連絡をしておくことが大事です。

電話だけでなく、契約している店舗に書面を送付しておく必要があります。店舗に書面を送付する時は、簡易郵便などの証拠が残る方法で、送付をすることが大事です。きちんとコピーして保管をしておきましょう。

クーリングオフの注意点3・シースリーからSMSまたはメールへの受領確認の連絡がない場合は電話で連絡する

全身脱毛プランの契約解除をしたい場合は、契約してから8日以内であれば、クーリングオフが適用されます。クーリングオフは、顧客を守るための制度なので、途中解約をするよりもお得になります。

クーリングオフには、いくつかの注意点があるので理解しておくことが大事です。シースリーからSMSまたはメールへの受領確認の連絡がない場合は、店頭に電話連絡を入れておく必要があります。

シースリーからSMSまたはメールへの受領確認の連絡がない場合は、後でトラブルになるのを避けるために、必ず店舗に電話を掛けておくことが大事です。

安いのに効果抜群!全身医療脱毛じぶんクリニック

シースリーをローンやクレジットで契約した場合の返金について

シースリーをローンやクレジットで契約

シースリーをローンやクレジットで契約した場合の返金について

分割の回数によっては返金がない(ローンが残る)場合もある

シースリーでは、全身脱毛プランは総額はまとまったお金が必要なので、信販会社ローン、クレジットカード分割払いを利用している人が増えています。

全身脱毛プランを契約したけれど、経済的な事情、結婚や転勤などで引っ越しが必要になり、通院ができなくなることがあります。

全身脱毛プランは、途中解約をすると回数によっては、返金がない場合があるので注意が必要です。全身脱毛プランを契約する前に、美容スタッフさんに返金に付いての説明を受けておきましょう。
信販会社ローン、クレジットカードの分割払いの場合は、ローンが残る可能性があります。

解約手数料は契約のクレジット会社・ローン会社によって異なる

シースリーでは、全身脱毛プランを途中解約する時は、信販会社、クレジットカード会社にも連絡をしておく必要があります。

全身脱毛プランを途中解約すると、解約手数料が発生するのでペナルティを理解しておくことが大事です。信販会社、クレジットカード会社によっても、解約手数料の金額が違ってくるので、事前に電話などで確認をしておく必要があります。

シースリーでは、やむおえない事情の場合は途中解約ができますが、ローンが残ってしまったり、解約手数料が発生するので注意が必要です。契約している全身脱毛プランによっては、途中解約をすると損をすることがあります。

シースリーローンの解約はコールセンターに連絡する

シースリーでは、全身脱毛プランを途中解約をしたい時は、必ず契約している店舗、コールセンターに電話を入れておく必要があります。

コールセンターに電話を入れておくと、解約手続きをするために必要な書類を送付にしてくれるので、必要事項を記入して送付する必要があります。

シースリーでは、店頭や電話、会員サイトから解約手続きをすることができます。クーリングオフによる契約解除をしたい場合は、契約している店舗、コールセンターなどに電話連絡が必要です。
シースリーと契約をしたけれど、途中解約をしたい場合はコールセンターに連絡をしましょう。

クレジットカード契約の解約はクレジットカード会社に連絡する

シースリーの全身脱毛プランは、まとまった費用が必要になるため、現金で支払うのは難しいケースがあります。収入が少ない若い人、雇用が不安定な人は、クレジットカードの分割払いがお勧めです。

全身脱毛プランを契約したけれど、様々な事情で途中解約をしたい場合は、契約している店舗だけでなく、クレジットカード会社にも連絡をしておく必要があります。

クレジットカードの分割払いを申し込んでいる場合は、必ず連絡を入れておく必要があります。全身脱毛の回数によっては、返金がない場合があり、ローンが残ることがあるのでデメリットを理解しておくことが大事です。

シースリーの解約方法・途中解約の返金についてまとめ

シースリーでは、全身脱毛プランを契約したけれど、様々な事情で解約をしたい人が少なくありません。

一定の条件を満たしている場合は、契約した日から8日以内であれば、クーリングオフによる契約解除ができます。

クーリングオフのメリットは、解約手数料が発生せず、全額返金してもらえる点です。クーリングオフ期間が過ぎている場合は、店頭や電話、会員サイトから解約手続きをすることができます。

全身脱毛の回数によっては、返金されない場合があるので注意が必要です。返金されず、ローンが残る場合があるのでデメリットを理解しておくことが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました