【家庭用脱毛器の頻度】週1回?毎日?いつ使うのが効果的?

脱毛

家庭用脱毛器メーカーごとの使用頻度のまとめ

多くの脱毛器は1~2週間に1回の使用を推奨している

家庭用脱毛器は、基本的には成長期のむだ毛に光を照射して毛根から処理をする方法です。数多くの家庭用脱毛器が販売されていますが、ほとんどの商品が1週間から2週間に1回の頻度で使用します。

一番評判の良い家庭用脱毛器のケノンは、口コミやレビューでも評価の高い光脱毛機器です。ケノンは、2週間に1回ぐらいの使用がお勧めです。むだ毛は4週間から6週間ぐらいのサイクルで、抜けたり、生えたりを繰り返しています。2週間ぐらい間隔を空けることで、皮膚への負担を減らしたり、火傷を防ぐことができます。取り扱い説明書に必ず目を通してから使用することが大事です。

毎日の使用はお肌への負担が大きいのでNG

家庭用脱毛器のケノンは、成長期のむだ毛に反応するので、1週間から2週間ぐらいの間隔を空けて使用することが大事です。頻繁に使用しても、脱毛効果を得るのは難しく、皮膚への負担が大きくなります。

家庭用脱毛器は、出力を段階別に調節することができますが、頻繁に使用すると火傷や肌荒れなどの原因になってしまいます。火傷をしてしまうと痕になることがあるので、正しい使用方法を知っておくことが大事です。取り扱い説明書に必ず目を通しておき、毎日使用するのは避けて下さい。最小レベルの出力で光を照射しても、毎日使用すると肌トラブルの原因になります。

継続して使用することで次第に使用する間隔が空いてくる

家庭用脱毛器のケノンは、医療レーザー脱毛とは違って永久的な効果はありません。毛周期のサイクルに応じて使用することで、優れた減毛、抑毛効果が期待できます。使い始めてから、2か月から3か月ぐらいは十分な脱毛効果が得られないことがあります。

2週間に1回ぐらいの頻度で使用することで、継続して使用することで次第に使用する間隔が空いてきます。根気よくお手入れをすることで、少しずつ毛が細くなってきて、むだ毛が減ってきます。4か月から5か月ぐらい使用することで、むだ毛が目立たなくなり、自己処理がとても楽になります。事前に電気シェーバーでむだ毛を2㎜ぐらいの長さにしておきましょう。

家庭用脱毛器は毛周期に合わせて照射する!やりすぎはNG!

成長期の毛は全体の20%しかありません

むだ毛には成長期、休止期、退行期の毛周期のサイクルがあるため、4週間から6週間ぐらいで、毛が生えたり、抜け落ちたりを繰り返しています。皮膚の表面に出ている太くて長い毛は、成長期のむだ毛です。まだ表面に出ていないむだ毛があるため、成長期のむだ毛は全体の20パーセントぐらいです。家庭用脱毛器は、皮膚の表面に出ている成長期のむだ毛しか、処理することが出来ません。

表面に出ているむだ毛を処理しても、2週間ぐらい過ぎるとまた毛が生えてきます。家庭用脱毛器は、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛とは違って、毛包、毛母細胞を破壊することが出来ません。永久的な脱毛は出来ないので、定期的に使用することが大事です。

脱毛器の光は成長期の毛にしか反応しない!

家庭用脱毛器のケノンは、安全性に優れており、痛みの少ない光脱毛機器です。家庭用脱毛器は、皮膚の表面に出ている成長期のむだ毛しか、脱毛することは出来ません。光脱毛器は、皮膚のメラニンの黒い部分に光を照射することで、毛根にダメージを与えてむだ毛を処理することができます。

家庭用脱毛器のケノンは、優れた脱毛機器ですが、皮膚の表面に出ていないむだ毛を処理することは出来ません。成長期のむだ毛を毛根から処理しても、休止期のむだ毛が表面に出てきます。2週間に1回ぐらいの頻度で使用しますが、脱毛効果を実感できるのは多少の個人差があります。

毎日使用しても効果なし!ムダ毛が生えてくる1~2週間間隔で照射しよう

家庭用脱毛器は、皮膚の表面に出ている成長期の毛だけ処理することができます。毛周期のサイクルを無視して、頻繁に使用しても脱毛効果を得るのは難しいです。家庭用脱毛器のケノンは、安全性に優れた光脱毛機器ですが、正しく使用しないと火傷や肌荒れなどの原因になってしまいます。

1回使用したら、2週間ぐらいは間隔を空けることが大事です。ケノンは冷却装置は付いていないので、事前に保冷剤、冷やしたタオルなので皮膚を冷やしておくと、痛みを軽減したり、皮膚への負担を減らすことができます。口コミやレビューでも評価の高い商品なので、正しく使用することで脱毛効果を高めることが可能です。

ケノンの脱毛器の口コミ

毛が薄くなってきたらムダ毛が気になる時だけ使用しよう

家庭用脱毛器のケノンは、永久的な効果はありませんが、根気よく続けることでむだ毛が細くなり、量も減ってきて目立たなくなります。5か月から6か月ぐらい使用すると、少しずつむだ毛が減ってくるので、使用頻度を減らしても大丈夫です。

使い始めは2週間に1回使用する必要がありますが、むだ毛が減ってくると4週間から5週間に1回の頻度でも問題ないことが多いです。一人一人毛質、毛量、毛周期のサイクルなどは違っていますが、比較的むだ毛の少ない人は、頻繁に使用しなくても高い脱毛効果が得られます。むだ毛が減ってきたら、気になる時だけ使用するのがお勧めです。

家庭用脱毛の使用頻度についてQ&A

毎日使用した方が早く効果が現れますか?

家庭用脱毛器は、ほとんどの商品は1週間から2週間ぐらいの間隔を空ける必要があります。家庭用脱毛器のケノンは、10万円以下とリーズナブルなのに、10段階に出力を調整できるので脱毛効果の高い商品です。毎日使用すると脱毛効果が上がるわけではありません。

皮膚に光を照射すると、熱を持った状態になるので普段よりもデリケートになっています。毎日使用すると火傷をしてしまったり、皮膚の赤みや痒み、湿疹などの肌トラブルの原因になってしまいます。家庭用脱毛器のケノンは、1回使用したら2週間ぐらいは間隔を空けるのがお勧めです。毎日使用するのは絶対にやめましょう。

どのくらいの期間で効果を実感できますか?

家庭用脱毛器のケノンは、脱毛後は数日を経過するとむだ毛が抜け落ちてきます。すぐに効果は実感出来なくても、毎日使用するのは避けることが大事です。

2週間に1回ぐらいの頻度で使用すると、2か月から3か月ぐらいを過ぎると、毛が細くなってきた、むだ毛が減ってきたと実感できます。剛毛で悩んでいる人、毛周期のサイクルが早い世代は、4か月から5か月ぐらいで効果を感じることが多いです。家庭用脱毛器のケノンは、連射機能を搭載しているのでスピーディーにむだ毛の処理ができるのが特徴です。取り扱い説明書が付いているので、正しく使用すると美肌効果の高い脱毛ができます。

毎日使用するとお肌にはどのようなダメージがありますか?

家庭用脱毛器を使って自己処理をした後は、数日が経過すると毛根から毛が抜け落ちてきます。むだ毛には毛周期のサイクルがあるので、2週間ぐらいを過ぎると休止期の毛が成長して表面に出てきます。毛周期のサイクルを無視して、毎日使用するのは皮膚への負担が大きくなります。

皮膚の赤み、痒み、かぶれ、肌荒れなどの原因になるため、毎日使用するのは厳禁です。皮膚の赤み、かぶれ、火傷などが見られる場合は、早めに皮膚科に通院をして、診察を受けたり、適切な医薬品を処方してもらいましょう。火傷は放置をすると、痕になることがあるので早めに治療を受けることが大事です。

1~2週間の間隔を開ける場合はカミソリなどで自己処理が必要ですか?

家庭用脱毛器のケノンは、毛周期のサイクルに合わせて使用することが大事です。使用してから、2週間以上経過すると休止期のむだ毛が表面に出てきます。2週間を過ぎると、休止期のむだ毛が成長期に入るのでお手入れが必要です。

家庭用脱毛器を使用する前は、むだ毛は2㎜ぐらいの長さにしておくことが大事です。カミソリや毛抜きは皮膚を傷つけたり、肌荒れの原因になるので使用しないほうが良いでしょう。安全性の高い電気シェーバーを使って自己処理をすることで、脱毛効果を高めることができます。電気シェーバーは、ヘッド部分がコンパクトで狭い場所でも、照射しやすい商品がお勧めです。

継続して使用しないと効果はありませんか?

家庭用脱毛器のケノンは、光脱毛機器なので、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛とは違って永久脱毛は出来ません。2週間に1回ぐらいの頻度で使用することで、むだ毛を減らして自己処理の負担を減らすことができます。比較的むだ毛が少ない人は、2、3か月を過ぎるとむだ毛が目立たなくなるので、使用回数を減らしても問題はありません。

剛毛の人、毛周期のサイクルが早い人は、脱毛効果を得るのに時間が掛かる傾向があります。むだ毛が濃い人、10代の若い人は2週間に1回の使用をするのがお勧めです。6か月ぐらい継続することでむだ毛が少なくなり、毛穴が目立たなくなります。

家庭用脱毛器の使用頻度のまとめ

家庭用脱毛器は、数多くの商品が販売されていますが、使用頻度は1週間から2週間に1回ぐらいです。家庭用脱毛器のケノンは、美肌効果が高く、痛みの少ない光脱毛機器です。毛周期のサイクルに応じて使用する必要があるので、2週間に1回使用するのがポイントです。

家庭用脱毛器のケノンは、皮膚の黒い部分に光が反応して、成長期のむだ毛のみ脱毛できる商品です。2週間以上空けてしまうと、休止期のむだ毛が成長してくるので継続して使用することが大事です。回数を重ねるとむだ毛が少しずつ目立たなくなり、生えてくるスピードが遅くなります。使い始めてから、4か月ぐらいを過ぎると自宅でのお手入れが楽になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました