【ミュゼの予約方法】当日キャンセルのキャンセル料やペナルティは?

脱毛

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト

ミュゼの予約変更やキャンセルを行う場合は、会員サイトから行うのが便利です。WEBの会員サイトからの予約変更は施術の24時間前までならペナルティ一切なし。もし施術日の都合が悪くなったら簡単に予約の変更やキャンセルが行えます。

ミュゼ会員サイトからの予約変更とキャンセル(無断転載禁止)

ミュゼの会員サイトから、会員番号とパスワードを入力して、予約済み予定の下の部分から、「予約内容を変更する」または「この予約内容をキャンセルする」を選ぶだけです。
最初のログインの時に「この情報を記録する」にチェックを入れておくと次からの入力は不要なので、ブックマークしておくとよいでしょう。WEBからのログイン方法はスマホだけじゃなくてパソコンなどでも使用できるため、家や職場のパソコンが使える方はお気に入りに入れておけば仕事の合間に予約変更も簡単です。ログインに必要な会員番号とパスワードはカウンセリングの際に発行してもらえます。
予約変更を選択したい場合は、続いて次からの画面で変更先の候補日程を選択することができます。

《3月限定》全身+顔+VIO脱毛【100円】両ワキ+Vラインは満足するまで通える!

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ

スマホにミュゼのアプリをインストールしておけば、さらに簡単に予約変更やキャンセルが行えます。一番のススメなのはこの方法です。

ミュゼアプリからの予約変更とキャンセル(無断転載禁止)

スマホからの変更ならWEBログインより、ミュゼのアプリ(ミュゼパスポート)からの予約変更とキャンセルを行う方法が一番簡単なのでオススメです。ミュゼのアイコンをタップしてログインすると、自分の予約をすぐに確認することができます。ログイン画面で会員番号とパスワードを入力する必要がありますが、これは先ほどのWEBログインと同じものです。カウンセリングの契約後に発行してもらう会員番号とパスワードを入力すればOK。いったん入力すると次からは記憶しておいてくれます。(会員番号とパスワードはアプリのアップデートなどで再度入れる必要があるので無くさないように注意!)

一回ログインしておけば、次からはアイコンをタップして、ログインボタンを入れるだけで予約画面にたどり着きます。予約画面に「変更」と「キャンセル」があるので、予約を変更したいときはここを選択すれば簡単に変えることができます。もちろん24時間いつでも予約の変更ができるので「キャンセルしたいけど電話がつながらない」なんてことはありません。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話

ミュゼの予約の変更やキャンセルは電話で行うこともできます。コールセンター(ミュゼではコンシェルジュデスクと呼びます)の電話番号は次の通りです。年末年始を除き毎日18時までと受付時間が短いので注意が必要です。他のサロンも同じですが、コールセンターの電話は繋がりにくいので、基本的にはアプリまたはWEBからがおすすめです。でも、消化になるのか等、分からないことを尋ねながら予約変更を行ったり、予約画面に表示される残り回数がおかしいといった時には電話で確認できるのが安心です。

ミュゼコンシェルジュデスク

電話番号:0570-082489

受付時間:9:00~18:00

定休日:なし(年末年始をのぞく)

無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

ミュゼの無料カウンセリングを予約したけども、都合が悪くなった時はどうしたらよいのでしょうか。上の会員用のWEBやアプリは契約するまでは使用できないので、次の2つの方法で変更かキャンセルを行いましょう。

①無料カウンセリングの予約確認メールのURLにアクセスして変更またはキャンセルする

②無料カウンセリング予約専用のダイヤルへ電話する(0120-489450)

もちろん無料カウンセリングをキャンセルしてもキャンセル料などのペナルティなどはありません。でも、もし将来ミュゼに行くときに気まずい思いをしなくて済むように、行けなくなったら少しでも早く予定変更かキャンセルの連絡をするようにしましょう。

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

脱毛サロンの多くでは、当日にキャンセルをすると、1回分の消化になるところが多いです。しかしながら、ミュゼでは当日キャンセルでもコースを中途解約しない限りはペナルティはありません。
例をあげて見てみましょう。

◎6回コースを契約していた場合、3回目の予約を当日キャンセルした場合

◎キャンセル料:かからない

◎回数消化:されない(次に取る予約が3回目としてカウントされる)
 ※ただし、中途解約時のペナルティはある

ミュゼには回数保証制度があるため、当日キャンセルをしても既定の回数の施術を受けることはできます。また、予約したことをすっかり忘れていてすっぽかしても回数の消化にならなかったという人もいるようですが、ミュゼアプリが数日間使用できない状態になる上、謝罪のために電話をかけてもつながらず、次回来店時に平謝りされたそうです。お店から叱られることは無いですが、気まずくなるのは間違いないので予約忘れにも気を付けたいです。

じゃあミュゼは当日キャンセルしても全く問題ないのかというと、そうではないので注意が必要です。

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

ミュゼで当日キャンセルをすると、回数消化や罰金はないものの、1つペナルティがあります。これはコースを中途解約した時に施術予約時間から24時間以内のキャンセルについては消化扱いとなることです。例を出して説明します。

2022年4月15日の13:00にのお手入れを予約していた場合

→ペナルティ無しのキャンセル・予約変更期限:2022年4月14日 12:59まで

これ以降のキャンセルは当日キャンセルとなり、中途解約時のペナルティあり

それでは中途解約した時のペナルティはどのようなものになるのでしょうか?こちらも例をあげてご紹介します。

◎ミュゼフェイシャル脱毛6回コース 59,534円(税込)※割引価格

◎施術回数2回

◎当日キャンセル1回(施術開始24時間以内のキャンセル回数)

返金額は3回分

出産により2年以内に施術を受けられない場合や、やミュゼの無い所への引っ越し、急にお金が必要になった場合など、やむを得ず中途解約をする時に、24時間以内のキャンセルは消化として返金対象外になります。

当日キャンセルをすると既定の回数の施術は受けられますが、返金されなくなる回数が増えていきますので可能な限り24時間以内のキャンセルは避けた方がよいでしょう。

キャンセルまたは予約変更する場合は、可能な限り早くWEBかアプリで行いましょう。
(コールセンターは繋がるまで時間がかかるケースが多いのでお勧めしません)

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

ミュゼには回数保証があるので、当日キャンセルをしても施術を規定回数受けることはできます。他のサロンでは前日の締切り時刻を過ぎると、当日、行けない事情があっても消化扱いとなるので、ミュゼの対応は数あるサロンの中でとても優しいといえます。

ミュゼの場合はコースの中途解約をしない限りはキャンセルのペナルティが無いのですが、ひとつだけ注意が必要なのが契約期間です。

ミュゼの契約期間について

ミュゼでは契約する全てのコースに3年間の契約期間が設けられています。予約が思うように取れないケースもがあっても安心できるように、ミュゼでは最終利用日から1年間、施術を受けるたびに契約期間が延びるという仕組みがあります。ただし、契約期間は最長で5年間ですので注意が必要です。(出産などによる休会については別途規定がありますので、コールセンターへの問い合わせ下さい)

ご契約コースの契約期間について.jpg
ミュゼ公式サイトより引用


契約期間の延長中も中途解約や返金は可能ですが、3年を過ぎて、丸1年間行かない期間が続くと、残り回数があっても契約が終了してしまうため、計画的に施術を受けることが大事なんです。

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ミュゼの予約キャンセルは施術予約日時(開始時間)の24時間前までです。都合が悪くなりそうな場合は24時間前までにキャンセルが必要です。前日中だと勘違いされる方が多いので注意が必要です。
繰り返しになりますが、大事なので例を出しておきます。

2022年4月20日の18:00にのお手入れを予約していた場合

→ペナルティ無しのキャンセル・予約変更期限:2022年4月19日 17:59まで

これ以降のキャンセルは当日キャンセル扱い(返金対象外)

キャンセルの方法はアプリ、WEBの会員サイト、電話がありますが、コールセンターは営業時間が短いうえ電話がつながらないうちに締め切り時間が超過する恐れがあります。
キャンセルや予約変更はなるべくアプリか会員WEBサイトから早く操作を行うようにしましょう。

操作方法につきましてはこちらから確認できます。

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

予約したのを忘れてしまったり、急な体調不良で来店ができない場合など、予約時間にお店に行けなかった場合は当日キャンセルとなります。注意が必要になるのは遅刻です。ミュゼでは10分間の遅刻までなら施術を受けられますが、ミュゼでは10分を超えると当日キャンセル扱いになります。

電車などの交通機関の遅れや、急な電話などでも遅れてしまうとキャンセル扱いとなってしまうため、お店には余裕をもって、予約時間の10分以上前には入店することを心がけましょう。

なお、無連絡キャンセルや大幅な遅刻で当日キャンセルになった場合も回数保証により既定の施術回数を受けられるのはミュゼ独特の素晴らしいところだと思います。

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

予約していた日に都合が悪くなって、まだ前日だから予約変更しようという時、ミュゼは注意があります。ミュゼの当日キャンセルになる時間は施術開始時間の24時間前から。なので、もし翌日の朝11:00にミュゼを予約していたら、前日の午前10:59までに予約を変更するかキャンセルしないと当日キャンセル扱いになってしまいます。もっとも、ミュゼでは回数保証制度があって、当日キャンセルになった文の施術は受けられますが、コース解約時の払い戻しの対象からははずれてしまう。万一を考えたらこれは避けたいし、お店にも迷惑が掛かってしまうから。念のためキャンセル期限の前日に気が付くよう、施術日の前々日に気が付くよう、スマホのスケジュールに「ミュゼの予約確認」などの予定を入れておくと安心です。

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

ミュゼの会員専用アプリ「ミュゼパスポート」を使用するとキャンセル待ちができます。

アプリの「空き時間通知」機能では、希望の店舗と日時や期間を登録することができます。この期間で予約のキャンセルが発生すると、リアルタイムで通知を受け取ることができます。

会員用WEBサイトでも、現在の空き状況を手動でチェックして、空きが出たら予約を入れる事はできるんです。でも、ずっと画面の前に張り付いておくわけにはいかないと思うので、アプリを使用して通知を待った方が楽ちんです。でも、多くの場合、キャンセル待ちをしているのはあなただけではないので、通知が来たら急いで予約を取りに行った方が無難といえるでしょう。

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

うっかり予約をすっぽかしてしまった場合、病院とか美容院だと大変なことになることも。実際、多くの当日キャンセルOKのサロンでも無連絡キャンセルは消化扱い。でもミュゼは、通常の当日キャンセル扱い。キャンセル料も掛からないし、なんと受ける施術の回数も減らない。次からの予約も取れます。そうはいっても、お店が待っているのに予約した人が来ない状態は迷惑に違いない。予約をすっぽかしてしまうと本人が一番恥ずかしい思いをしたり、気まずい気分になってしまうものです。なので、たとえ当日であっても、いけない時はお店に連絡を取って、無断キャンセルはしないようにしたほうが無難です。

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

ミュゼの無断キャンセルのペナルティは予約の24時間以内のキャンセルと全く同じです。
つまり、解約時の返金計算の時は消化扱いになるけど、継続して施術を受ける限りはノーペナルティで既定の回数の施術が可能。これって本当にミュゼだからできること。他のサロンだと前日の夜8時以降はいかなる理由があっても消化扱いだったり、予約時間の1分前までに連絡を入れない限りは消化だったりするものです。これでミュゼは大丈夫なの?と思われるかもしれませんが、大手サロンなのでそういう時間に若手のスタッフさんの教育などが行われているようです。

でも、一番のペナルティはせっかく取れた予約を逃すと、また予約しなおさなきゃいけないことなんです。ミュゼは人気シーズンや週末などは予約が取りにくいこともあります。せっかく取れた予定をすっぽかして忘れて、また取り直さなきゃいけないなんて、何のメリットも無いですよね。ドタキャンするのは実は一番勿体ないことといえます。

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

ミュゼを無断キャンセルしたら次に予約が取れるのか?という疑問。結論から言うと取れるのですが、注意が必要。実際にすっぽかしてしまった人によると、アプリからの予約が一時的に取れない状態になって、2日経過後に次の予定が取れるようになったそうです。この間は、すっぽかしたお詫びをしようとコールセンターやお店に電話をしようとしたけれども、なかなかつながらなかったそうです。
もちろんたまたまのタイミングだったのかもしれませんが、突然アプリからの予約ができなくなってさぞかし焦ったことだと思います。無断キャンセルではなく、余裕を持ったキャンセルか予定変更を行うよう、しっかり予定を立てときましょう。

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

急に施術当日に生理になってしまった時はどうなるの?って思う人もいるかもしれません。
ミュゼの場合生理を理由にお手入れをキャンセルしても、当日キャンセルとして扱われます。説明した通り、当日キャンセルでも施術を続ける限りは回数消化にもならないし、ペナルティはありません。
ただし、やむを得ず解約する場合の返金額の計算では、当日キャンセルは消化扱いになるため減ってしまいます。こういったことを避けるため、脱毛サロンに通われている期間中は体温計を頻繁に図って少しでも生理の兆候があれば早めに予約を変更されている方もいらっしゃいます。ミュゼのアプリには生理日や排卵日を予測するカレンダー機能もあるので使用してみるのがおすすめです。
なお、一部のサロンでは生理中の施術は全てNGですが、ミュゼの場合はVIOのデリケートゾーン以外の施術は可能です。

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)、ヒップの施術はできない

ミュゼでは本人が希望すれば、生理中の施術も受けられますが、デリケートゾーン(VIO)およびヒップ(お尻)については対象外です。これは経血がベッドや脱毛器に付着すると衛生管理上問題があるためです。

ただし、生理中の施術は受けられるには受けられるのですが、生理中はホルモンバランスやお肌の状態が不安定になりやすいため、脱毛を行うにはあまり良い状態ではありません。たまに生理であることを隠して受けようとされる方がいらっしゃるようですが、肌の状態が良く成るどころか、刺激により悪化してしまう恐れすらありますので、完全に生理が終わるまで、施術を受けるのは延期されることを強くおすすめします。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

ミュゼの100円キャンペーン等でおなじみの人気コース「両ワキ+Vライン脱毛完了コース」には注意点が1つあります。実は両ワキのみの施術はできないんです。つまり生理中はVラインがお手入れできないから、「脇だけのお手入れ」はできなくなります。脱毛完了コースだから契約期間内なら何度通っても大丈夫なのですが、施術は2部位セットでということを忘れないよう気をつけましょう。

両ワキのみの施術を受けたいという方にはフリーセレクトプランでワキのみの施術を選ばれると、生理の有無に関係なく脇だけの脱毛を受ける事は可能ではあります。ただし、生理中のお手入れはあまり肌に優しくなく、思う通りの効果を得られないリスクがあります。

ミュゼのアプリには、排卵日や生理の予定を予測するスケジュール機能がありますので、ぜひ一度使ってみて、予約を取る際には役立てていただければと思います。

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

全身脱毛コースを受けられている方が、生理中に施術を受けるとどうなるのでしょうか?他のサロンだとVIOはお手入れできなかったり、生理中の施術を受け付けていなかったりで回数消化になったり、VIOのお手入れはスキップされる場合がほとんどです。でもミュゼの場合はVIOの部分だけを別日に振り替える事ができるんです。部分脱毛に定評のあるミュゼだからこそできる施術部位ごとの別日施術はさすがというほかありません。

ただし注意があり、鎮痛剤を飲んでいる場合はミュゼに限らず、脱毛サロンはお手入れを行うことはできません。生理が重い方などは特に注意が必要です。生理中に鎮痛剤を飲んで施術を受けると、施術の際の痛みなどを本来と違った感度で感じてしまい、肌に過剰なダメージを受けてしまうことがあります。くれぐれも黙って鎮痛剤を飲んで処置を受けないのが大事です。

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

はっきり言ってしまうと、生理中の脱毛施術はおすすめできません。

過敏な状態になった肌がダメージを受けるからだけでなく、期待した脱毛の効果が出にくいからです。そればかりか、脱毛後の肌荒れや炎症などの肌トラブルにもなりやすい。体調そのものが悪化することもあります。せっかく当日キャンセルのペナルティのほとんどないミュゼを選ばれたなら、ベストなコンディションで施術回数を重ねるのが最もコスパの良い脱毛方法だといえます。

お客様ファーストを貫くミュゼだからこそ、いかなる理由であってもキャンセルのペナルティを設けていません。これにはお客さんにベストな状態で施術を受けて欲しいという思いが込められています。なので、生理中や体調不良の場合には遠慮なくキャンセルして、状態が良い時に施術を受けるのがべすとです。もっとも、可能な限り早いキャンセルや予約変更の手続は忘れずに!

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

ミュゼの予約変更とキャンセルについて解説させて戴きましたので、要点をおさらいします。

予約変更やキャンセル、キャンセル待ちには、ミュゼのアプリ「ミュゼパスポート」が一番便利。キャンセル待ちは通知も入るので、直近の予約を入れたいときにはどんどん活用しましょう。アプリ以外にも、会員WEBサイトやコールセンター(ミュゼコンシェルジュデスク:0570-082489)

予約キャンセルや予約変更を行う時は、予約した開始時間の24時間以上前に行いましょう。これを過ぎると当日キャンセル扱いとなります。当日キャンセルでも回数消化になるなどのペナルティはありませんが、万一解約する時の返金額からは施術済み回数としてカウントされて差し引かれます。

無連絡キャンセルをした場合や、当日生理になった場合、施術開始時間に10分以上遅刻した場合にも、当日キャンセルと同様の扱いとなります。

ミュゼほどキャンセルした人に優しい脱毛サロンは他にありません。脱毛を初めて体験される方にも安心して通えるサロンだと言えますので、脱毛はしてみたいけど怖いという方はぜひ、ミュゼ通いを検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事→「ミュゼの良い口コミと悪い口コミ」はこちら

《3月限定》全身+顔+VIO脱毛【100円】両ワキ+Vラインは満足するまで通える!

コメント

タイトルとURLをコピーしました